テーマ:大正野球娘。

大正野球娘。第十二話(終) 「土と埃にまみれます」

前回作戦が知られてのにまったく作戦に変更無しの櫻花。 当然の如く点数を取られまくり。 ピンチが続く中、雪の体を張ったファインプレーに皆が立ち上がる。 ここからは櫻花のターン。 皆がルイを進み、満塁になったときに巴のホームラン。 ・・・巴が球を打ったときに走り出さなかったところで、突っ込んだ人はいたはず。 8回の守りはなに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘。第十一話 「そゞろに胸の打ち騒ぐ」

魔球も完成?したみたいで小学生との試合とも勝てるようになりました。 朝香中の試合ももうすぐ。 と思ったら、相変わらず空気の読まない高原が小梅のうちに挨拶。 ついに野球がばれちゃいました。 そして小梅父激怒。 野球をやっていたのがいけないのか、嘘をついて隠していたのがいけないのか。 次の日に学校へ向かう小梅にどうしても行く…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘。第十話 「私は何をする人ぞ」

残り少ない話数でなぜか合宿という名で温泉に(^∇^;) 鏡子は今回で巴との距離を縮めるといきまいていますが、どうなることやら。 って、別荘が嵐の被害でボロボロ。 急遽集会所で寝泊りすることに。 最初から躓いてるな。 でも鏡子は相変わらずやる気満々だ。 とはいえ、練習ではからきし。 距離を縮めることに意識が行き過ぎて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘。第九話 「誤解の多い料理店」

対戦相手の情報を頭に詰め込む小梅。 睡魔には負けるか。 寝坊して急いで片付けたら一枚はみ出ていた。 って、よりによってこいつのかよ。 まったく迷惑な。 で、完全に誤解された。 魔球もできてないのに試合の申し込みをするって、まだ早くないか? 家に帰った小梅が両親に問い詰められる。 確実に誤解してる。 そして、小梅…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘。第八話 「麻布の星」

相変わらず小学生との練習試合続き。 勝っていることをいい事にナックルボールの実践を敢行しようとする晶子。 当然まだ捕球できる技量が小梅にあるわけがなく、当然捕れない。 振り逃げから敗北って、なんだかなー。 相変わらず戦略とかないし。 野球を見て男の人が声をかけてきた。 誰?この人? 女優の代役? なんだか関係の無いほ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘。第七話 「麻布八景娘戯」

唐突に始まった辻打ち。 明らかに小梅と巴です。 学校では泥棒と辻打ちの話題でもちきり。 辻打ちは女らしいというところまでばれてるのか。 さすがに小梅も冷や汗ものだな。 練習では晶子も小梅も上達してきたから次のステップに。 魔球・・・。 変化球のことだよね。 しかし、アンナも自分がまっすぐしか投げれないからって握り…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘。第六話 「球は広野を飛び回る」

最近見たこれのせいで管理人の脳内では少し違ったように見えてきてしまった(^∇^;)大正野球娘。第六話、視聴開始。 基礎体力期間は終了して、今度は実践での練習をすることに。 でも、アンナは叔母の看病のために長崎に行くので勝手に探して練習しとけって、どんだけ放任主義。 片っ端から手紙を出すが全てお断り。 女だからとどこも引っ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘。第五話 「花や蝶やと駆ける日々」

雪が家から運動服を持ってきた。 さすが呉服屋だ。 と思ったら、・・・給食服? 給食服の帽子付きだ。 大正だからしょうがないか ・゚・(つД`) 短パンなのが唯一の救い。 そして、なぜか一人でまともに着れない巴。 9人揃ってないからって、基礎練習というかランニングばっかは問題ありだろ。 そして、晶子の体力が一番無いこと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘。第四話 「これから」

前回の惨敗練習試合で、みんな落ち込んでいるかと思えば案外平気そう。 落ち込んでいるのは晶子だけか。 紀子が脱退。 掛け持ちはやっぱり大変だったか。 そして大きなミスをした鏡子も脱落気味。 グラウンドが水浸しだと練習なし。 ・・・勝つ気あるのか? このままではいつまで経っても勝てないぞ。 岩崎が堅物すぎるのもいたい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘。第三話  「娘九つの場を占めて」

小梅、おにぎりを加えて走る姿は乙女じゃないぞ。 とはいえ、運動神経はいい。 弁当もおにぎりも落さなかったよ。 でも、ハンカチを落して去っていっちゃったよ。 ハンカチを拾った男の人になにやらフラグが立ったようです。 チーム名決定。 欧化に掛けて「櫻花會(おうかかい)」 ボロイとはいえ部室も付き。 部室の補修、グラウンド…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘。第二話  「春の長日を恋ひ暮らし」

靴屋のおじさん。 小梅の頼みごとを断れないばっかりに利用されまくってますが・・・。 と、始まった大正野球娘。 アンナ先生、ノリノリ。 頼んでないのに監督を買って出た。 守備位置も勝手に決めますよ。 あれ?もうグローブできたんだ。 おじさん、頑張ったな。 ちょっ、手本って剛速球過ぎだろ。 全然手本になってないし、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘。第一話  「男子がすなるという、あれ」

原作は2巻まで既読。 ストーリーというより小池定路さんのイラスト目的で読みました。 なんというか、小梅が祐巳で晶子が祥子とマリみてに似てるなと思ったのが最初の感想かな。 結構好きだったのでJ.C.STAFFがどんな演出をしてくれるか気になるところです。   (つд⊂)ゴシゴシゴシ (;゚д゚) ・・・ びっく…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more