テーマ:鬼灯の冷徹

鬼灯の冷徹 第13話 (終)「盂蘭盆地獄祭」「雑談閻魔大王」

あらすじ 第13話Aパート「盂蘭盆地獄祭」 地獄にお囃子が鳴り響く。 今日は年に一度の獄卒達の楽しみ、盂蘭盆地獄祭の日。 盂蘭盆は、地獄の釜の蓋も開いて亡者が現世に戻る、つまり獄卒の夏季休暇。 初めての盂蘭盆祭を楽しみながら歩くシロ・柿助・ルリオの三匹。 立ち並ぶ露店からは威勢のいい掛け声が聞こえ、和牛ステーキの焼けるいい匂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼灯の冷徹 第12話 「レディ・リリスとその夫」「中国現世に妖怪が広まった訳」

あらすじ 第12話Aパート「レディ・リリスとその夫」 レディ・リリスは、EU地獄の補佐官ベルゼブブの妻、になる前に 最初の人類アダムの一番目の妻だったとも言われている。 そのリリス、サタン王の講演会の付き添いという名目で来た東洋地獄で買い物を楽しんでいた。 何でも買える魔法のカードという名の、夫のキャシュカードで浪費三昧のリリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼灯の冷徹 第11話 「一寸だった法師」「お山の泥沼姉妹」

あらすじ 第11話Aパート「一寸だった法師」 閻魔殿には図書館もある。 倒錯系本棚の前で本を読む鬼灯の元に、「一寸法師」の絵本を口にくわえたシロがやってくる。 図書館にあった「桃太郎」のお供の犬がアフガンハウンドだったとひとしきり不満を語るシロ、 今度は「一寸法師」に書かれた漢字の読み方をきいてくる。 漢字に四苦八苦しながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼灯の冷徹 第10話 「十王の晩餐」「ダイエットは地獄みたいなもの」

あらすじ レビュー 死んで三回忌までの供養で刑期が変わる。 軽いと1回だけって随分と差があるな。 しかも対したことない刑って唐瓜じゃないけど予防接種みたいだ。 舌を抜くだけ! 生えてくるにしても思ったよりも重い刑だった。 鬼灯にしては軽いかもしれないけど、想像したら痛いよ(´;ω;`)ブワッ 地獄の王様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼灯の冷徹 第9話 「酒と女でダメになる究極の例」「溢れ返ってきたヨッパライ」

あらすじ 第9話Aパート「酒と女でダメになる究極の例」 昼間から厠にこもりっきりで、二日酔いからくる吐き気に苦しみながら、 もう飲みませんお許し下さいと唱えては吐く白澤。 色々な酒をちゃんぽんして飲んでは繰り返される見慣れた光景ながらも、呆れた様子の桃太郎。 溜息まじりに、これじゃあ鬼灯さんにとやかく言われるのも仕方ない、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼灯の冷徹 第8話 「えげつなき戦い」「地獄三十六景」

あらすじ 第8話Aパート「えげつなき戦い」 ゴシップ雑誌『週刊三途之川』。 記者の小判が湯のみ片手に、最近のスクープを思い返して静かに一人ごちていた。 白澤とピーチ・マキの密会、不喜処の涙の出産ドキュメント。 そこまではよかったが、中途半端に閻魔殿に首を突っ込もうとして、 鬼灯の計らい?で激写してしまった奪衣婆の水浴びの瞬間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼灯の冷徹 第7話 「男と女と衆合地獄」「地獄式鍼灸術と浄玻璃鏡の使い方」

あらすじ レビュー 衆合地獄のお手伝い? 見習い獄卒ってのはなんでもやるんだな。 しかし手洗いか。 洗濯機とかはさすがにないのね。 茄子は思ったことをすぐに口にするけど、唐瓜は言えない。 むっつりといっていいのかな? こういうのって茄子の方が要領よく立ち回って、唐瓜は色々と不遇な扱いになるパターンだな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼灯の冷徹 第6話 「地獄アイドルピーチ・マキ」「右腕のブルース」

あらすじ 第6話Aパート「地獄アイドル ピーチ・マキ」 地獄アイドル、ピーチ・マキ。 桃源郷の仙桃農園での「仙桃キャンペーン」のグラビア撮影を終えたマキをねぎらうように、甘い声が近づいてくる。 いつもの調子でやってきた白澤、仙桃を渡しながらマキの手を握ると、これまたいつもの調子で口説きだす。 その様子を伺うように、頭上の枝影に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼灯の冷徹 第5話 「龍虎の二重奏」「精神的運動会」

あらすじ 第5話Aパート「龍虎の二重奏」 桃源郷にある漢方薬局、極楽満月。 そこでは白澤が桃太郎を前に、女子に大人気となる秘訣を話しながら薬膳鍋を作っていた。 同じころ、地獄の閻魔殿では、鬼灯が簡法と功科について説明しながら、シロ達とともに天罰鍋を作っていた。 亡者や針口虫を煮込むなか、一つ大事な材料が足りないことに気付く鬼灯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼灯の冷徹 第4話 「美男にもいろいろある」「かちかぢごく」

あらすじ 第4話Aパート「美男にもいろいろある」 風呂敷包みを手にして、どこかへと向かう様子の鬼灯、駅前で自分の尻尾を追いかけていたシロに会う。 非番のシロ、鬼灯が烏天狗警察のある人物に会いに行くと知り興味津々。 シロも一緒に連れて行くことにした鬼灯、約束の時間が近いのか時計を気にして地獄タクシー乗り場へと向かう。 するとそこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼灯の冷徹 第3話 「白澤」「いかにして彼らの確執は生まれたか」

あらすじ 第3話Aパート「白澤」 先輩に渡す結婚祝いの相談をしようと、鬼灯に会いに来たシロ。鬼灯が休みと聞いてがっかりする。 もうお昼だし起こして良いと思うけど、と閻魔大王に言われて、一緒に来ていた柿助・ルリオと共に起こしに行く事に。 ところが閻魔大王、鬼灯の寝起きの悪さをひとしきり語って三匹を引きとめる。 自分は絶対に一緒に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼灯の冷徹 第2話 「鬼とパンツとカニ、地獄の沙汰とあれやこれ」

あらすじ 第2話Aパート「鬼のパンツとカニ」 現世でもよくとりあげられる河川のゴミ問題。 地獄の三途之川も例外ではなく、河原はゴミだらけ。 特に多いのが、三途之川の渡し賃としてお棺に入れられた六文銭、メガネや時計、 生前の嗜好品なんかもそこかしこに落ちている。 そんなゴミの掃除を命じられた新人獄卒の唐瓜と茄子。 はじめは真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼灯の冷徹 第1話 「地獄大一番、地獄不思議発見」

あらすじ 第1話Aパート「地獄大一番」 閻魔殿の法廷に、閻魔大王の指示を求めて押し寄せる獄卒達。 不喜処地獄の人材不足、阿鼻地獄の川の氾濫、黒縄地獄は財政破綻寸前。 加えて天国からの人員派遣要請と、閻魔大王はパンク寸前。 困った閻魔大王は、いくつかの問題を不喜処地獄で視察中の第一補佐官・鬼灯に回す事に。 それを聞き、何でもか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more