テーマ:GOSICK -ゴシック-

GOSICK -ゴシック- 第二十四話(終) 「死神の肩越しに永遠をみる」

どうみてもバッドエンド直行にしか見えないこの作品。 最後は最後はどう落ち着くのかね? コルデリアを心酔しすぎてブライアン・ラスコーって心が病んでるよね。 コルデリアを守るために存在しているから、コルデリアは自分を愛すべき。 ・・・君望のあゆじゃないけど、何かをしたから何かをしてくださいって、それは愛じゃない 。 まあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第二十三話 「灰染めのチェスにチェックメイトを告げる」

大戦が始まりそう。 ソヴュールの運命と共に久城とヴィクトリカの運命も決まる。 今のままだとブロワ公爵の一人勝ちみたいだから、誰かブロワ公爵に天誅を下して欲しいわ。 ブロワ公爵の切り札。 ジュピター・ロジェの形見箱。 陛下の信頼を受けていただけにロジェの裏切りは耐え難い。 灰色狼ってのはそこまで忌み嫌われるものなのか? …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第二十二話 「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」

何?イベント? ってクリスマスで皆仮装しているらしい。 久城は相変わらずいつもの格好。 ああ、春に来る死神のコスプレか。 アブリルに誘われてコスプレ衣装を借りにゾフィのところに。 出てきた衣装はどう見ても女性向けなんだけど、これ久城が着るの? アブリルの語るソヴュールのおとぎ話。 少女の姿をした怪物。 お供はウサ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第二十一話 「聖夜の鐘は刻を追いたてる」

全ての鍵は遺体にあり。 ニコルの遺体。 首が切られているのは置いておいて、首から上が腐っていて、体は防腐処理。 なんか作為的な何かを感じるな。 遺体にあってペンダント。 意味深過ぎる。 混沌の欠片がそろったのか? ショータイムが始まるらしい。 ショーが真実を語る? 真実を語る脚本があるのかと思ったら、状況説明をする…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第二十話 「ファントムの幽霊に導かれる」

ヴィクトリカが連れて行かれたところはどこ? ファントムって。 こんなところにブロワ公爵はいるの? トランクの中からセシル先生がwww なんでこんなところに。 というか、誰が詰め込んで誰が運んだ。 とりあえず、セシルが隠れてヴィクトリカがそのまま運んだ? しかしトランクの中とか、体が柔らかいな。 奇術師になれるんじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第19話 「薔薇色の人生は新雪に埋もれる」

いきなり叫び声で何事かと思ったら、妊婦を囲って怪しい集団。 なんですか?これ。 イミフのまま本編へ。 あれ?ヴィクトリカってクリスマスが誕生日? 確かに自分の誕生日に誰かにプレゼントってアホくさいな。 こういうイベントのときが誕生日って不幸だな。 アブリルとヴィクトリカの二人きりはヴィクトリカの精神が持たないわwww…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第18話 「漆黒の列車はいくつかの嘘を運ぶ」

前回の話の解決編? とりあえず、前回死んだおっさんのトリックは解明。 はいいんだけど、ヴィクトリカたちは学園に帰ろうとしているのか? 乗り合わせた人たちはいまだに偽名? 案山子とか騎士とか。 なんか起こりそう。 案山子が騎士に殺された? はずなんだけど、動きがない。 放置? たいした事件じゃないのか? 今…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第17話 「螺旋の迷宮にその箱はねむる」

どんなに忙しくてもGOSICKだけは視聴しなければ。 ということで、ネット配信のGOSICK第17話。 コルデリアはヴィクトリカのことを大事にしているんだろうし、そのことをヴィクトリカは知って いるんだろうけど、なんともすれ違い人生。 いつかコルデリアに出会える日は来るのかね。 その前にブライアン・ロスコーの行動が意味…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第16話 「落下させるマリアは蠅の頭をもつ」

どこぞの修道院が爆撃に。 こうしてむやみやたらと負の感情ってのは生まれていくんだよな。 しかし、この巨大なマリア像。 フォグスクリーンだかなんとか減少じゃないの?これ。 霧をスクリーンにしてってやつ。 久城の将来は軍人。 なんか向いていないんだよなー。 まあ、大戦が始まれば向いている向いていない関係なしに軍人になるけど…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第15話 「二匹の怪物は心をかよわせる」

リヴァイアサンからの挑戦状。 知恵の泉に関しては負けず嫌いなヴィクトリカが引き下がるわけもなく、真っ向から向かい合うことに。 王妃と話しているところを男爵に見られ裁判。 王妃とのというのではなくリヴァイアサンが詐欺師として陥れる裁判。 完全に嵌められた魔女裁判だな。 そこまでリヴァイアサンが王たちに気に入られているのが気に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第14話 「意地悪フリルは屁こきいもりを糾弾する」

アブリルって一度もヴィクトリカに会った事がなかったっけ? ビスクドールドールだと思い込んでいたのは偽者か。 ってことは、本物のアブリルとはまだ会った事がないのか。 久城が会いに行っているが男だと思っていたら、女。 ヴィクトリカに会ったときの反応が楽しみだ。 たまたま図書館から出てきたところを、セシルに見つかる。 →捕獲→…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第13話 「愚者は己の代弁者を指名する」

なんかいきなりホラー? って思ったら、映画かよ! アブリルと一緒に見に来たのか。 後でヴィクトリカの機嫌が悪くなりそう(^▽^;) アブリルの好意って全く久城には通じてないよな。 モーションかけても無駄なことを早く気づいた方が傷が深くならないキガス。 まあ、恋する女の子にそんなのは無用なんですがね。 ・・・ドアを足で蹴…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」

夏休み、誰からもお誘いがない久城がカワイソス(ノД`) とおもったら、アブリルが誘ってきた。 地中海か。 友達の少ない寂しい久城にはこのお誘いを断ったらどこにも行けそうにないな。 そんなお誘いのさなかでもヴィクトリカの所に行く久城がさすがに忠犬としか言いようが無いわ。 ちょっ、ドタキャンとは迷惑すぎる(^∇^;) アブリ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第11話 「そのドリルは雄弁に愛を語る」

ドリルって父親に期待されていないのか。 ヴィクトリカの監視がメインってなんか扱いが結構酷いような・・・。 ジャクリーヌって、前回孤児の子を引き取った人だったっけ。 変わった人だと思ったけど、やっぱりちょっと変わってる。 そしてグレヴィールがドリルになった原因はこの人が事件に巻き込まれたから。 どうせ久城みたいに犯人扱いされ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第10話 「風邪ひきは頑固な友人の夢を見る」

久城の頼みの綱はヴィクトリカだけ。 毎回ドラえもんになき付くのび太みたいだなwww 失踪者の真相。 どう見ても人攫いですね。 しかも描写を見る限りだと人身売買。 久城を連れて行くのには意味があるのか? しかも特に縛っているわけでもなく。 ・・・というわけで勝手に脱出? 魔術師ブライアン・ロスコー。 確かにどこか…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第9話 「人食いデパートに青薔薇は咲く」

アブリルの怪談話。 怪談が怖いというよりも、アブリルがいきなり大声を出したのが怖い。 どっちにしろ怖がりだということでアブリルにからかわれるのは避けられないわ。 久城、いいわけみっともないwww 久城の姉への頼まれごと。 なんかいろいろあるな。 というか、ここでもパシリなんだな。 ヴィクトリカが退屈になったら久城が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第8話 「夏過去の王国に遠吠えがこがまする」

村長が撃ったのは狼。 ラウールではないと言い張っているけど、それは真実? もし違えば他に犯人がいるということか。 村長じゃなければデリクが一番怪しいな。 どうなんだろう。 ヴィクトリカの混沌の再構成。 今回の事件の? それとも20年前の? ・・・今回の事件でした。 犯人はデリク。 学生とは名ばかりで村の御神体を盗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第7話 「夏至祭に神託はくだされる」

灰色狼の村の続きーー。 ハーマイニアの変貌っぷりを見ていると、根拠もなしに犯人扱いしたくなるわwww コルデリアが犯人とされた事件の詳細。 鍵がかかっていた部屋に入ったのはコルデリアだけ。 それ以外に誰も立ち入らなかった。 現村長は12時丁度だと言ったけど、他の人たちはまちまちの時間を言った。 現存長は自分の懐中時計だけ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

後から来た転校生、アブリルに軽い嫉妬www まあ、春来る黒い死神っていわれているから、アブリルとは立場が違うからしょうがないか。 図書館ではヴィクトリカに振り回され、図書館以外ではアブリルに振り回され。 帝国軍人の三男坊も大変だな (;・ω・) 騒ぎのどさくさで消えた皿。 ヴィクトリカには面白くもなんとも無い事件だそうで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

知恵の泉の再構成中。 とりあえず、図書館の怪談。 天国への怪談の13段目。 アブリルが隠した本は見つかったけど、これって噂に便乗してアブリルが隠したってことでいいんだよね? アブリルが隠してから噂を流したのでは遅すぎるから。 隠してあった本の内容が意味深。 灰色狼の伝説がアレンジされてる? とはいえ、灰色狼は魂を喰らう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第4話 「金色の糸はつかのまを切り裂く」

ネット配信だと、暇なときに見るということが出来ないからつらいな。 2クール完走できるんだろうか・・・。 と、4話目にして気弱になってみましたwww さて、本編。 ついにアブリルが登場する回ですよ。 とはいえ、出番はまだです。 久城が殺人事件の犯人にされるところから。 ドリルの迷推理がさすがでござるwww 都市伝説…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第3話 「野兎達は朝陽の下で約束をかわす」

予想通りおっさん死亡。 まあ、最初に恐怖でおかしくなるやつは殺されるのは王道だからな。 ヴィクトリカがおびえるとかワロス。 まあ、久城からすればヴィクトリカはであったばかりのよく分からない子だからしょうがないか。 帝国の三男坊強し。 まあ、勉強も武道も頑張ったんだろうけど、いつもヘタレだから分かりづらいわ。 おっさん…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第2話 「死者の魂が難破船をおしあげる」

相変わらずヴィクトリカが唯我独尊。 付き合わされる一弥もカワイソス。 そもそも出会って間もないのによくこんなわがままに付き合ってられるな。 切れて置いていってもおかしくないんだけど、律儀に付き合ってしまうのが一弥ってことか。 眠らされて、目が覚めたら誰かが一人増えていた。 疑心暗鬼になるにはピッタリのシチュだな。 クロー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

GOSICK -ゴシック- 第1話 「黒い死神は金色の妖精を見つける」

残念なことに管理人の住んでいるところでは未放送。 ということで、ネットで配信しているのを視聴することに。 しかし、無料期間が2日って短くないですか? 有料で視聴する気は無いので、無料期間が過ぎたらその話数は飛ばす予定です。 ということで、2011年の冬の新番組、GOSICK。 原作は今は無きレーベル富士見ミステリー文庫。 既…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more