テーマ:翠星のガルガンティア

翠星のガルガンティア 13(終) 「翠の星の伝説」

あらすじ クーゲル船団に反旗をひるがえしたピニオンは、ラケージ、フランジらと共同戦線を張っていた。上空ではマシンキャリバーの、海上ではユンボロたちの総力戦が激しさを増す。チェインバーとストライカーが激しい空中戦を繰り広げる中、衝撃の事実が明らかになる。レドがチェインバーのコックピットを強制的に開け放った時、そこにいたのは既にミイラ化し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翠星のガルガンティア 12 「決断のとき」

あらすじ クーゲル船団がたくわえてきた遺物の修復を一手に任されることになり、狂喜するピニオン。そこに接近してきたのは、女海賊ラケージ。ラケージは一旦はクーゲル船団に身を寄せていたものの、そのやりかたに相容れないものを感じていたのだ。一方、銀河道に沿って航行するガルガンティア船団も、クーゲル船団のいる海上プラントへ接近しつつあった。ガル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翠星のガルガンティア 11 「恐怖の覇王」

あらすじ 霧の海に接近する大船団。攻撃を仕掛けたピニオンだったが、圧倒的な戦力の差を見せ付けられる。率いていたのは、人類銀河同盟でのレドの上官・クーゲル中佐。クーゲルもまた乗機ストライカーとともに地球へと漂着していたのだ。クーゲル船団でレドを迎え入れたのは、オンデリアと神官たち。クーゲルは、地球の人々に戦い方を教え、ヒディアーズを殲滅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翠星のガルガンティア 10 「野望の島」

あらすじ ついに自分たちの船団をプラントに接舷させたピニオン。旧文明の遺物の力を目の当たりにしたピニオンは、「クジライカを倒し、自分たちが圧倒的なお宝を手に入れた」と無線で宣言する。近づく船は容赦なく沈めると断言するピニオンに、船団は大きく揺れる。ピニオンの考えに抵抗を感じるもの、賛成するもの。メルティは渦中に巻き込まれ苦悩する。一方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翠星のガルガンティア 09 「深海の秘密」

あらすじ ガルガンティアを離れたピニオンたちが到着したのは「霧の海」。霧の中には旧文明の海上プラントがあり、その海底にはお宝が多数眠るはずの海底施設があるのだ。いまは遺跡として静かに眠る施設に、ピニオンはかつて兄とともに迫ろうと試みたことがあった。だが、そこを巣とするクジライカの大群によって兄は命を落とし、ピニオンはその仇をとろうと心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翠星のガルガンティア 08 「離別」

あらすじ 持病を悪化させたフェアロックが急逝。フェアロックが最期に船団を託したのはリジットだった。だが、求心力に欠けるリジットという選択に、大船団主たちの胸中は複雑だった。そのころ、チェインバーがレドに、地球の座標が特定できたと報告する。地球の位置は、人類銀河同盟の勢力圏よりもはるか遠く、光速でも6000年以上かかるという。超光速航法…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

翠星のガルガンティア 07 「兵士のさだめ」

あらすじ ベローズの下でサルベージ業に就いたレドは、海中での作業中にクジライカという大型の生物に遭遇する。クジライカは凶暴だが手出しをしなければ無害な生き物。だがその姿がヒディアーズと酷似していたためレドは、ベローズの制止も聞かずチェインバーで攻撃し、殺してしまう。クジライカは、大昔から人々に神聖視されてきた生き物。レドが禁忌を犯した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翠星のガルガンティア 06 「謝肉祭」

あらすじ 偵察に出た船が「めぐり銀河」を発見した。船団の動力源であるヒカリムシが群れをなしたその場所は、たくさんの魚が集まる絶好の漁場なのだという。漁の仕事を手伝うことにしたレドは、チェインバーではなく潜水ユンボロを使って参加。ところが泳いだことのないレドは、水中での機体操作の感覚がつかめずあえなく失敗。漁師ギルドのメンバーに引き上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翠星のガルガンティア 05 「凪の日」

あらすじ 「ヒディアーズを全部倒したら、銀河同盟はどうするの?」「レドさんは、どうするの? その目的が達成されたら」――。ベベルにそう問われたレドは、ガルガンティアで仕事を本格的に探そうとする。「俺にできること、教えてくれ」とエイミーに協力を頼んだレドは、漁業、農工業、サルベージ業といったさまざまな職業を紹介してもらうものの、これとい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

翠星のガルガンティア 04 「追憶の笛」

あらすじ 船団にとどまることになったレドは、破壊した格納庫の修理費を労働でまかなうよう言い渡される。チェインバーを使って簡単な荷運びを手伝い始めたが、慣れないレドはなかなか仕事がうまくできず失敗ばかり。ついにはチェインバーだけ貸し出すことになり、レド自身はお払い箱になってしまう。レドの様子を見に来たエイミーは、手持ちぶさたなレドを気に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

翠星のガルガンティア 03 「無頼の女帝」

あらすじ 圧倒的な力で、ベローズのサルベージ船団を海賊の襲撃から救ったレドとチェインバー。しかし、海賊を殲滅させたことは、ガルガンティア船団にショックを与える。仲間を殺された以上、海賊からの報復は必至だからだ。強すぎる力を持つレドとチェインバーの処遇を一旦保留にして、船団長フェアロックらは海賊の動向を探ることを優先する。レドとチェイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翠星のガルガンティア 02 「始まりの惑星」

あらすじ 太陽系第3惑星・地球。眼前に広がる広大な海。レドは自分が漂着した惑星が、既に滅んだとされていた地球と知って驚く。そしてレドは今、その海上をゆくガルガンティア船団の人々に取囲まれつつあった。チェインバーの翻訳機能を通じて話しかけるレドと、対話を試みる船団長補佐のリジット。だが、お互いの会話はすれ違い、緊張感が高まっていく。ガル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翠星のガルガンティア 01 「漂流者」

あらすじ はるか宇宙の深淵、人類銀河同盟は種の存続を賭けて、異形の宇宙生命体群ヒディアーズと終わることのない戦いを続けていた。人類銀河同盟の兵士レドは撤退中、不測のワープ事故に巻き込まれる。上官であるクーゲル中佐の援護もむなしく、レドは乗機である人型機動兵器チェインバーとともに空間のひずみへと投げ出された。レドが次に気付いた時、チェイ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more