テーマ:こばと。

こばと。第二十四話(終) 「・・・あした来る日。」

小鳩ががうしゃぎさんに連れて行かれた。 願いが叶ったので当初の願いであった行きたかった場所に行くことになったけど・・・。 写真から小鳩が消えたって言うことはみんなの記憶から消えるってことかよ。 本人からすれば行きたかった場所と消滅は天と地の違いがあるだろうけど、第三者からみたらどっちも同じじゃよ。 気がつけば時が過ぎてる。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第二十三話 「・・・こばとの願い。」

こばと。もラスト2話。 サブタイトルのとおり、今度こそ小鳩の願いが何か分かるよね。 怪我をした藤本の世話?をする小鳩。 どう見ても藤本には迷惑になっていますよ。 というか、こんなことをしている暇はあるのか? いおりょぎがやきもきするのも分からなくも無いな。 さすがの藤本も一人にして欲しくなったらしい。 まああれだけ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第二十二話 「・・・さよならの日。」

小鳩が見るのはどんな夢? 食べ物が食べれなくても寝ることは寝るんだな。 結局閉園は決定事項。 まあ、何だかんだ言っても清花が辞めるって決心をしてしまったからな。 そして着実に取り壊す日が迫ってくる。 小鳩の心配はもっぱら藤本のこと。 閉園になるというのにバイト三昧で全く顔を見せることが無い。 ・・・保育園を取り壊すなら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第二十一話 「・・・春の足音。」

バレンタインデーも終わって期限も残り少なくなってきました。 ということは最終回も近くなってきたってことか。 そして最後に近づくということはよもぎ保育園の問題も片付くのも近づいているってことか。 ・・・片付く片鱗すらもまだ無いけどな(;・ω・) 沖浦が直接保育園に来るのも終わり近いのか。 そもそも沖浦と清花って結婚はしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第二十話 「・・・旅をするひと。」

え?なに?小鳩って風邪を引かないのかな? むしろぬいぐるみなのに寒がるいおりょぎって・・・。 前回はクリスマスだったのにもうバレンタイン!? 春までが早すぎるだろ。 保育園でバレンタインデーをするには材料が無い。 ということで、小鳩がチロルで働くことで材料を分けてもらうことに。 弊店間近。 近くに誰かの声。 って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第十九話 「・・・ホワイトクリスマス。」

クリスマスパーティまであと少し。 小鳩と清和は相変わらず微妙な空気のまま。 どっちが悪いとかって話じゃないからなかなか難しい話だな。 いおりょぎの欲しい物はビンいっぱいの金平糖。 これで、ビンに入ったお菓子の金平糖を持ってきたらもっと怒るんだろうなー。 クリスマスに子供を捨てるってどうよ。 物心付いて、プレゼントを用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第十八話 「・・・木枯らしのぬくもり。」

季節は冬。 金平糖を集める期限は春まで。 時間が残り少なくなってきましたな。 保育園の出入り口に借金取りが。 今の世の中なら例え園内に入っていなくても警察にご厄介になってもおかしくないんですが・・・。 出入り口に借金取りが威圧しているせいで退園する子が続出。 ・・・脅迫してるのと同じじゃね? 警察に行ってもいいよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第十七話 「・・・謎の生命体、2号。」

よもぎ保育園のバザーは続行中みたいです。 意外なことに2話続きか。 というより、前回の小鳩視点から今回はいおりょぎ視点という感じか。 しかし、いおりょぎの過去ってなんとなく分かるような分からないようなの不明点が多いんだよね。 羽を伸ばしに行ったはずなのにボッコボコなんですが。 なんでこんなに不幸が連続して起きるんだか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第十六話 「・・・謎の生命体。」

保育園の借金で困っている清花のために何か出来ないかと考える小鳩。 バザー・・・ですか。 借金がいくらかは分からないけど、それで何とかなる額ではないだろう。 そもそもバザーなんて、いらないものを買ってもらえればいいほう。 売れ残る可能性が高いからな。 結局バザーをやることに。 子供が持ち寄るものだからなにやらしょっぱいもの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第十五話 「・・・秘めたる祈り。」

折り紙は折るもの。 だけど切っちゃいけないわけじゃないんだよ。 というわけで始まった第15話。 清花が倒れた!? おそらく過労だろうな。 救急車を呼ぶのかと思ったら琇一郎かよ。 運良く家に居たから良かったものを。 折り紙で千羽鶴って、千枚もあるのか? そして完成って折るのが早いな。 10人ちょっと位しか居ないよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第十四話 「・・・黄昏の探しもの。」

今回は保育園の芋ほり。 といっても農家の好意で掘らせてもらったらしい。 なんだか芋泥棒が居ますが・・・。 今回はこの子がメインか? 明らかに小鳩は掘りすぎです(;・ω・) 自分で持てる量云々の前に、食べきれずに腐るだろう。 そしてあの量の芋をどうやってかばんに詰めこめれたか疑問だ。 いくらなんでも無理でしょ。 結局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第十三話 「・・・天使と守り人。」

季節は秋。 いおりょぎは何か憂鬱そう。 小鳩が集めているこんぺいとうが集まってないからか? いつまでに集めるんだっけ? 期限もじりじりと迫っているわけか。 しかし、こんぺいとうを集めて小鳩はどこに行きたいんだろう。 天界とか? 幼稚園のおもちゃは藤本が子供のときから変わってないのかな? まあお金がないから新しいのは買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第十二話 「・・・銀色の瞳。」

久々に銀生登場。 相変わらずいおりょぎにご執心。 いおりょぎは異界の住人だけど、欲しいものがあり不可侵の天界に戦争を吹っかけたらしい。 そのくせ欲しいものも手に入れられず、負けたので罰を受けたと。 熊といいウサギといい・・・。 もとの姿を見ることはあるのかな? そしてなんで小鳩の願いを叶えることがいおりょぎに関係するんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第十一話 「・・・探偵 花戸小鳩。」

やることがない小鳩がアルバイトをすることに? 新聞配達とかピザ配達とか・・・。 どう見ても向いていませんな。 接客業の方がまだましじゃないのか? おせっかいしすぎて失敗しそうな気がするけど(;・ω・) 大家さんが紹介してくれたのはウエイトレス。 予想通りだな。 少々不安だけど。 小鳩のバイト姿。 見ているこっちがハラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第十話 「・・・オルガンと少年の日。」

今回は天気もいいので布団を干す話。 ではなくて、藤本の過去話。 いおりょぎを日向においておいたら、干からびてるwww ぬいぐるみの癖に干からびるんだ(;・ω・) じゃなくて、藤本の過去話。 どうやら孤児だったらしく、清花の父親が引き取ったことがよもぎ保育園に来たきっかけ。 保育園に居ても誰とも仲良くならずに孤独のまま。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第九話 「・・・夏の記憶。」

小鳩の世界では夏休み。 こっちは、雪が降る冬ですが(^▽^;) そして夏祭りに負けないように頑張るそうです。 今回のターゲットは女子高生。 (;゚д゚) ・・・ 1回こっきりのキャラ、なつきに川澄綾子って・・・。 まじっすか(^▽^;) どうやらなつきは友達のゆきのと疎遠になってしまったのを気にしてるみたい。 疎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第八話 「・・・こねこの子守歌。」

さて、子猫を拾った小鳩。 育てるのに手間もお金もかかるんだけど大丈夫なのか? どうやら小鳩の住むアパートはペット禁止。 どうするのかと思えば、保育園か。 まあ予想通りだな。 えさ代はどうするかは不明だけど。 名案かと思ったら、猫アレルギーの子がいるからNGかよ。 結局保育園ではだめだということで引き取り手を捜しに行くこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第七話 「・・・やさしいひと。」

藤本って大学生? バイトをして保育園で働いて・・・。 何でこんなに働いてるんだ? 清花に何か恩でもあるのかな? あいかわらず子供に教えられる小鳩。 小鳩の近くに居る子供は精神的には明らかに小鳩より上だよね(;・ω・) しかも素直ないい子ばっかだ。 ということで、今回は藤本が忘れていったレポートを小鳩がレポートを届…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第六話 「・・・小さな かくれんぼ。」

今回は保育園の遠足。 の前に、男の人からの電話。 園は潰すってことは、こいつが借金取りの頭? 園を襲撃したのは部下が勝手にやったことっぽいけど。 特に止める気はなしか。 なんだか大変なことになっているな。 いおりょぎは何かを思いついたみたいだけど、いおりょぎだけで行動しているところを誰かに見つかったら大変なんじゃあ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第五話 「・・・ホタルのやくそく。」

保育園で保母の仕事をする小鳩。 子供に応援されてる保母さんってどうよ。 この保育園に問題が? それとも清花の方なのかな。 よく分からないけど問題があるのは間違いなしか。 これは小鳩の出番だな。 と思ったら、今回は違うっぽい。 公園で遭遇したおっさんがターゲットっぽいな。 しかし、なんで絵本を読むのがだめなんだか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第四話 「・・・青葉のときめき。」

寝床も確保して、心機一転傷ついた心を探して再行動。 小鳩ってARIAに出てくる灯里に似てるよね。 なんでも楽しそうだ。 ・・・こいつはwishに出てきた琥珀だよね。 ここでも天使なのかな? いろおぎ? いおりょぎって言う名前じゃないんだ。 なんでだろ。 とはいえ、今回のターゲットは琥珀に決定。 傷ついた心が何なのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第三話 「・・・雨の贈りもの。」

小鳩に住むところができました。 というか、家賃はどうするんだ? 清花が払うんだろうか? いおりょぎは忘れて置いていかれるのがデフォ。 今回は雨が振っているのでさらに大変なことになってるいおりょぎ。 泥まみれですよ。 丸洗いできるんだろうか? 洗濯機に入れて洗ったら、それはそれで怒りそうなんですが・・・。 ケーキ屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第二話 「・・・コンペイトウの輝き。」

前回、瓶を手に入れた小鳩。 人の願いを叶えて傷ついた心を瓶に入れるらしい。 イマイチよく分からん。 そして、小鳩もよく分からん。 常識が無いよね。 というか、こいつってどこで夜を明かしてるんだ? 親切の押し売りって、なんかやばい宗教勧誘に見える・・・。 清和がまた出た。 こいつって結構メインのキャラ? でもいつでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばと。第一話 「・・・願う少女。」

原作はCLAMPの月刊ニュータイプに掲載中。 たまにちょっと見るくらいで、あまりよく知りません。 知っていることといえば人の願いを叶えているというくらいか。 え?これが全て? というわけで、謎多き少女小鳩といおりょぎの願いを叶える行動開始。 そもそも、人間界に着いた事で安心しているところを見ると、こいつらって人じゃないの?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more