テーマ:アクセル・ワールド

アクセル・ワールド #24(終) 「Reincarnation;再生」

あらすじ お前とはもう、永遠にわかりあえない。ブラック・ロータスの助けを得て、決着をつけるべくダスク・テイカーと対峙するシルバー・クロウ。ふたつのデュエルアバターが空を裂き、≪心意≫の光が交錯する。そして、シルバー・クロウの手刀が相手の胸を貫き、とどめの一撃が放たれる直前。傷ついたダスク・テイカーにライム・ベルの≪シトロン・コール≫が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #23 「Consolidation;絆」

あらすじ 能美との決戦に同行を申し出たチユリを信じ、3人で対戦に向かうハルユキとタクム。必勝の誓いを胸に、梅郷中の校庭でダスク・テイカーと対峙したシルバー・クロウだったが、意外な伏兵に動きを封じられてしまう。残されたシアン・パイルは弱点を突いた攻撃を克服し、相手の必殺技を封じるも、ライム・ベルを人質に取られ、戦う力を失ってしまう。≪加…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #22 「Determination;決意」

あらすじ アキハバラ・バトル・グランドに現れた、マッチングリストに名前の出ないバーストリンカー---≪ダスク・テイカー≫。ハルユキとパドは、ダスク・テイカーと同じ能力を持つその相手を、自分たちを囮にして対戦に誘い込む。ジグソーの攻撃に苦しめられながらもなんとか勝利し、パドの残した『手掛かり』を頼りに彼のリアルを探ろうとするが・・・。一…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #21 「Insurrection;反逆」

あらすじ 能美の企てにより、盗撮犯の濡れ衣を着せられる中、≪赤の王≫ニコに相談を持ちかけたハルユキ。ダスク・テイカーの一件を説明し、タクムが≪心意≫を身につけるために協力を取り付ける。 ≪心意≫の特徴と四つの基本技、そして習得に最も重要な、デュエル・アバターを形成した自分の心と正面から向き合わなくてはならないことを説明するニコ。タク…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #20 「Domination;支配」

あらすじ シルバー・クロウとの直接対決で衰弱したダスク・テイカーを救ったのは、≪ライム・ベル≫--チユリのアバ ターだった。能美によるチユリへの凶行に激昂したシアン・パイルだが、返り討ちに遭い無残に斬り裂かれる 。その惨状を受け怒りに駆られたシルバー・クロウは、自分の中で黒い『何か』がはじけた音を聞く--。だが 、そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #19 「Revolution;変遷」

あらすじ 琉花たちの師匠≪クリムゾン・キング≫によると、沖縄の無制限フィールドに出現した神獣級エネミーのため 、エネミー狩りができなくなってしまったという。しかもその『飼い主』がマッチングリストに表示されない 事実に。黒雪姫はバックドア・プログラムの存在を感じる。≪クリキン≫たちと組み、黒雪姫はくだんのエネ ミー≪ニ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #18 「Invitation;挑戦」

あらすじ ハルユキが危機に立ち向かっているその頃、黒雪姫は修学旅行先の沖縄で、何者かに対戦を申し込まれていた。 危なげなく返り討ちにするが、琉花、真魚と名乗ったふたりのバーストリンカーは、どうやら彼女を試していたらしい。その腕を見込んで、頼みがあるという。≪リアル割れ≫に対する危機感が全くない、バーストリンカーらしからぬふたりの態度…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #17 「Fragmentation;分裂」

あらすじ 修学旅行先からくれたダイブコールで黒雪姫が見せた想いやりに、能美との因縁は自分だけで決着をつけなくてはならないと、改めてダスク・テイカー打倒を誓うハルユキ。一方、事件を知り、独自に調査を進めていたタクムは、能美が≪加速≫の力を使った隙をついて、対戦に持ち込む。シアン・パイルの圧倒的な攻撃で追い詰められたかに見えたその時。全て…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #16 「Imagination;面影」

あらすじ アッシュ・ローラーの師匠--≪スカイ・レイカー≫のもとへ連れてこられたシルバー・クロウ。 かつて加速世界で最も空に近付いたと言われる≪スカイ・レイカー≫は、クロウにバーストリンカーの秘めた真の力≪心意 ≫と、それを追い求めた者に残された傷痕について語る。その狂気を知ってなお、≪心意≫を体得したいと願うクロウに、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #15 「Destruction;崩壊」

あらすじ 秘密をばらされたくなければポイントを上納し続けろ。理不尽な要求を出す能美に対戦を挑む晴之。彼のアバター≪ダスク・テイカー≫を追いつめるも、意外な攻撃の前に敗北を喫してしまう。その上、自分の存在のすべてとも言える能力を失い、自信すらも喪失する。いつもと違う晴之の様子に訪ねてきたタクムにも、事情を打ち明けることができないばかりか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #14 「Arrestation;策略」

あらすじ 剣道の試合中、≪加速≫の力でタクムを圧倒する能美。間違いなくバーストリンカーであるはずなのに、マッチングリストに新たなアバター名は現れなかった。能美の目的も、その存在を隠す不正の手段もわからない中、、黒雪姫は沖縄へ1週間の修学旅行に出かけてしまう。能美がバーストリンカーである証拠をつかもうと行動を開始したハルユキは、彼のあと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #13 「Violation;侵入」

チユリにBBをインストール。 長いケーブルと短いケーブル2本しかないなら、タクムとチユリが短い方を使えばいいんじゃね? 夜に怖い夢を見るからってハルユキを呼ぶし、だからタクムがハルユキに嫉妬するんだよ。 BBは心の傷がないとインストールできない。 そもそもデュエルアバター自体がトラウマを体現してるからな。 チユリにそこまで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #12 「Absolution;容赦」

クロム・ディザスターを目の前にして、いきなり戦意喪失しているシルバー・クロウに対して、ブラック・ロータスは迷いがないな。 前回、完全に喪失していたのが嘘のようだ。 クロウが最近不調なのは、クロウが負けることで黒雪姫に見放されるのが怖いから。 そして観客から笑われるのが嫌だから。 負の感情が何をやってもうまく行かない。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #11 「Obligation;宿命」

待ち伏せしていたのは、クリプト・コズミック・サーカス。 イエロー・レディオの声は石田彰氏かよwww いかにもなキャラだよな。 それはさておき、全てはレベル10になるために災禍の鎧を利用した。 スカーレット・レインを狙ったのは一番若輩だからか? イエロー・レディオがブラック・ロータス対策で準備したのは・・・。 先代の赤の王…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #10 「Activation;出撃」

登校途中でチユリに遭遇。 またもや修羅場が始まるのか。 どこに行っても修羅場で大変だなwww バーストリンカーの親と子。 コピーインストールできるのが一回だけだから強い絆が生まれるのは当然。 だから、友達、兄弟と近しい関係からのコピーが多いんだよな。 ただ、その関係は決していい感情だけが生まれるわけではない。 これって…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #9 「Escalation;激化」

タクムのところに来て、ニコに対する対策でもするのかね? 対策というか、ニコの真意が分からないからどう思うかっていう話か。 タクムの結論からすると、ニコの正体がバレてもバレなくても結局はハルユキを脅して何か願いを叶えるつもりだった。 こいつはある意味、データベースキャラだな。 表にはあまり出てくることのない地味キャラwww …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #8 「Temptation;誘惑」

ぶっちゃけ必勝パターンってのは、ワンパターンでしかありえない。 タネのばれた手品見たいなもんだよな。 なにか対策をとられたら、それで終了。 先に進むときが来たな。 名前なんだっけ、赤の王・・・。 ニコだ、ニコ。 ハルユキの母にもはとことか言って騙したんだろうけど、よくばれなかったな。 何か変だと思わなかったのかね? …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #7 「Restoration;修復」

なんでブラック・ロータスとシアン・パイルが戦ってるんだ? タクムが望んだのではなく黒雪姫が望んだみたいだけど。 剣道を辞めたこととなんか関係が有るのか? さすがにリアル割れとデュエルアバターの情報は知っていても、親の情報までは知らないか。 アクア・カレントがハルユキの親を知ったら驚くだろうな。 黒雪姫がタクムにデュエル…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #6 「Retribution;応報」

チーム抜けも大変だな。 まあ、簡単に抜けれるとは思ってないけど全損させられてBBをアンインストールさせられるよりはましか。 黒雪姫にも友達と呼べる子がいるのには安心するわ。 リアルでもきちんと人間関係を構築してるんだな。 8歳の頃にバーストリンカーになってレベル9になるような生活をしていたから、リアルは加速世界のおまけくらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #5 「Aviation;飛翔」

タクムこと、シアン・パイルが予想以上にごつくてワロタ。 筋肉質というかなんというか。 確かにまんまるカワユスなハルユキが操る、スマートなシルバー・クロウもかなり・・・こう・・・外見が変わったけどさ。 タクムの外見はクロウなみにスレンダーだったよな。 なのにあんなにごつい。 BBをインストールした後に見た夢が、外見や能力を決める…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #4 「Declaration;告白」

なにチユリに誘惑されてるんだよ。 と思ったら、黒雪姫も。 案の定ハルユキの夢でした。 どんあ夢を見てるんだよwww 静かな怒りwww そんなにチユリと直結したのが気に食わないのか。 まあ、ヘタレハルユキが直結する勇気あるとは思わないだろうな。 なのに直結。 しかもチユリの部屋で30センチケーブル。 常に卑屈なハルユ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #3 「Investigation;探索」

自分がこの学校で一番ハルユキと仲がいい。 だからハルユキを目立つようなことをさせる黒雪姫を許せない。 結局はただの友達。 痛いところを突かれたな。 告白の返事待ちだからこれからデートする。 こういわれると何も非難できないな。 黒雪姫からの解説。 一気に説明が来たな。 現在の最高レベルは9。 その上を目指すには当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #2 「Transformation;変移」

アッシュが強すぎるのか、クロウが弱いのか。 ・・・後者だな。 まあ、黒雪姫になんの説明を受けてもないニュービーだからしょうがないか。 学校の昼休み。 早速黒雪姫と直結して朝の話をしてるけど、この直結って安易にやるもんじゃないんだよな。 よっぽど親しい仲じゃないと普通はしない。 2回目にして既に抵抗がなくなってるのかね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクセル・ワールド #1 「Acceleration;加速」

気が付いたらSAOが始まってしまったので、早く見なくては(;´Д`) ということで、アクセルワールドを一気に視聴します。 原作が好きな分、見るとがっかりする可能性があるからなかなか手が出せなかったんだよね。 特にハルユキの声が決まったら特にガッカリ感が・・・。 そう思っていてもしょうがないのでさっさと見始めますか。 人間ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more