テーマ:悪魔のリドル

悪魔のリドル 第十二問(終) 「故に、世界は□□に満ちている」

あらすじ 兎角から突き付けられた予告票をみて、愕然とする晴。 まるで揺るぎもしない兎角。 晴の手が震え始め、ぐしゃりと予告票を半ば握り潰すようにしながら、泣きそうに叫ぶ晴。 攻撃を避けながら逃げまどう中、背後の靄の中から伸びてきた手が、晴の手をぐっと掴んだ……。 レビュー 人を殺せるようになって最初に殺すのが晴ですか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔のリドル 第十一問  「「祝(ことほぎ)」と「呪(のろい)」の見分け方」

あらすじ ガランとした教室内に、残った3人。そんな中鳰から、兎角と晴に真オリエンテーションの開催が告げられる。 晴はビクつきながら、俯いてしまう。そんな晴を無言で見つめるしかない兎角……。 兎角は、英が言っていた「女王蜂」とは、どういう意味なのかと晴に問う……。 レビュー 真オリエンテーション。 ようやく説明か。 まあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔のリドル 第十問 「女王はだれ?」

あらすじ 残り4人になった黒組の教室内。黒板には自習の文字。残るは、英純恋子ひとりと兎角は警戒心を高める。 そんな中、英は晴に歩み寄り、一枚の封筒を差し出した。予告票かと思いきや、中にはお茶会への招待状が入っていた。 部屋に戻り、晴は英との話し合いの末、和解が出来ないかと考えていた……。 レビュー 予告状かと思ったらお茶会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔のリドル 第九問 「胸の中にいるのは?(追試)」

あらすじ 窓の外では激しく風が吹き荒れる中、兎角と伊介は対峙していた。 晴の安否を心配するも、伊介に阻まれる兎角。 一方は、晴は、番場に追い詰められていた。 番馬にハンマーを振り下ろされたところを間一髪でよけながらも、逃げ惑う晴。 兎角は晴のもとに向かうべく、伊介にナイフを向ける。 レビュー 兎角が人を殺せない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔のリドル 第八問 「嘘つきの門番はどちら?」

あらすじ ミョウジョウ学園には、嵐が近づいていた。 ひと気がなく、ガランとした校内や寮の部屋をみて晴は寂しさを漏らしていた。 そんな晴をみて、兎角は、無事に生きて黒組を卒業することが夢なのだろうと問う。 そんな晴は、俯きながらも、逆に兎角の夢は何なのか聞き返す……。 レビュー 今回は犬飼が退場するのか? 好戦的の癖に最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔のリドル 第七問 「永遠に追いこせないものは?」

あらすじ 独立記念祭が終わり、3人が一斉に転校してしまったことに、意気消沈する溝呂木。 休息も必要だと提案する首藤。面白いものを見つけたと、学校施設内にあるプールに10年黒組一同向かうことに。 そこは遊園地のような施設が広がっていた。一同驚きながらも、それぞれ様々水着に着替はじめた。 兎角も水着に着替えるために、ロッカーを開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔のリドル 第六問 「 綺麗な花には□□がある」

あらすじ ミョウジョウ学園の創立記念祭を翌日に控え、最終リハーサル中の黒組の面々。 兎角はティボルト役、晴はマキューシオ役で舞台に臨む。 練習終了後、台本を無くしてしまった晴は、兎角と一緒に探すことに。 見つけられなかったら、ランチ一週間分の罰金をかけられ、焦る晴。 そんな中、一発の銃声が響きわたる。 レビュー 今回は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔のリドル 第五問 「籠の鳥を外に出すには?」

あらすじ ミョウジョウ学園の創立記念祭が行われるということで、出し物をして参加しようと張り切る溝呂木。 演目は、「ロミオとジュリエット」に決まる。シナリオを手にした黒組生徒たち。 兎角はシナリオには手もつけず、自分の携帯をぼんやりと見つめている中、晴は出しものに心を弾ませる。 レビュー 兎角には親が居ないのか? 叔母と祖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔のリドル 第四問 「突然やってきて、帰ることのないものは?」

あらすじ ミョウジョウ学園はテスト期間を迎える。 真剣に復習に取り組んでいる晴。頬杖をついて教科書を開いているだけの兎角。 そんな中、ミョウジョウ学園の学園七不思議を耳にする。 図書館にあるとされる「禁断の書」。 晴は兎角に、図書館に忍び込んでみたいと相談し、ふたりは図書館に忍び込むことに……。 レビュー 黒組もテスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔のリドル 第三問 「赤いのに赤くないのは?」

あらすじ 「一ノ瀬晴には、誰も触らせない」そう誓った兎角。 兎角が晴の守護者となることが理事長に正式に了承される中、それぞれの思惑をもって動き出す暗殺者たち。 一夜明け、初めての課外授業は巨大な植物園。 ひとり盛り上がる溝呂木を尻目に、しらける黒組生徒たち。 すると、晴のタブレットにメッセージの着信が……。 レビュー …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔のリドル 第二問 「胸の中にいるのは?」

あらすじ 一夜明け、遂に10年組黒組のメンバーが全員揃った。 授業がスタートするも、10年黒組のメンバーはお互い様子見の空気。 何食わぬ顔で「クラスメート」を演じる雰囲気に、妙にイラだつ兎角。 そんな中、変わらず無邪気に過ごす晴に、兎角は不安を募らせる。 そして、終業後、「裏オリエンテーション」の招集がかかる……。 レビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔のリドル 第一問 「世界は□□に満ちている」

あらすじ ミョウジョウ学園10年黒組、ついに開講。 お互いの素性が伏せられた中集められた暗殺者12人と、ターゲットである1人で始まる学園生活。 東のアズマ”と称される一族のエリート暗殺者、東兎角、そして自分が標的と知りながら、生きて卒業するという強い意志を持った一ノ瀬晴。 学園の寮で、この二人が同じ部屋になり…!? レビュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more