テーマ:白銀の意思 アルジェヴォルン

白銀の意思 アルジェヴォルン 第4話 「帰還」

あらすじ 不退の大門での撤退作戦成功により、インゲルミア軍の総攻撃は不発に終わり、両国の争いは膠着状態に陥った。 インゲルミアが侵攻ルートの確保に奔走する中、アランダスでは軍の再編と立て直しが図られていた。 独立第八部隊は正式にアルジェヴォルンの運用を任され、ジェイミーには引き続きアルジェヴォルンと行動を共にするよう、辞令が下りて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白銀の意思 アルジェヴォルン 第3話 「ワンマン・アーミー」

あらすじ 追撃を退け、本隊と合流を果たした独立第八部隊。 両国を結ぶ要衝『不退の大門』で彼らに与えられた特命は、全軍の撤退支援と、大門を『閉鎖』して、インゲルミア軍の侵攻を食い止めることだった。 作戦のさなか、トキムネは、インゲルミア軍のエースパイロットと接触。 そのパイロット――リヒトフォーヘンは、正体不明の新型として調査が進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白銀の意思 アルジェヴォルン 第2話 「目覚め」

あらすじ トキムネの独断専行によって予定ルートを外れ、軍本隊との合流のため、敵中突破を余儀なくされた独立第八部隊。 アルジェヴォルンにパイロットとして登録されてしまったトキムネは、初陣のショックから立ち直る間も与えられないまま、次なる戦いに臨まねばならなかった。 一方、グレート・ウォールを突破したインゲルミア軍は、掃討戦を開始。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白銀の意思 アルジェヴォルン 第1話 「遭遇」

あらすじ 民衆解放の名のもとに開始されたインゲルミア諸国統合体の侵攻。 アランダス連合王国は、要衝グレート・ウォールまで防衛線を押し込まれていた。 苦しい戦況の中、東の僻地で任にあたっていた独立第八部隊にも招集がかかる。隊長のサモンジ中尉指揮のもと、友軍の援護に急ぐ彼らの間の前に現れたのは、インゲルミア軍に追われる民間人だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more