テーマ:電波女と青春男

電波女と青春男 十二章(終) 「秒速0.00000000198センチメートル」

祭りの場所決めが決まる最後の試合。 流子が商店街の方の応援に来てる! 真がいるからってかなり頑張って宣言したのにイマイチ伝わってないような・・・。 流子カワイソス。 それはさておき、前川さんの父親が逃げたって、何?敵前逃亡? しかもピッチャー。 いきなり前途多難すぎる。 突然女々がやってきてピッチャーをやるかと思ったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 十一章 「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」

考えてみたら真が一番何もしてないな。 エリオと前川はバイト、流子は部活。 午前中は誰も構いに来ないので暇をもてあまして惰眠を貪ると。 偶然前川さんに会って手料理イベントが来ました。 その後一緒にゲームとか。 一気にフラグ立ててきましたな。 いままでそんなそぶりを見せてなかったけど、前川も真狙いなのか? いやフラグだけ立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 十章 「軒下少女」

次の回も自称超能力者が来てるよ。 誰かの知り合いらしいけど、よく分からない子をよくチームに入れるな。 花沢さんはエリオのことが嫌いなのか? アレとか言ってるし。 ほんの二三ヶ月居ただけで容姿のせいで女子から嫉妬。 分からなくも無いけど、エリオが悪いわけじゃないだろ。 その後の宇宙人設定はエリオのせいだけど。 自称超…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 九章 「地域限定宇宙人事件」

相変わらず流子が真にフラグ立てようと躍起になってる。 この子最初から好感度マックスだったな。 なんで真なんだろう。 自分のことを拒絶しなかったから? 流子自身がちょっと痛い子だから他のこに敬遠されててもおかしくないから、その可能性は高そうだ。 まあ、痛い子とはいえエリオよりは普通だけど。 しかし当の真は流子のことをどう思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 八章 「ツィオルコフスキーの祈り」

相変わらず女々さんが残念すぎる性格というか、若々しいというか。 この人一応社会人なんだよね。 雇っていられるなんてすげーって思ったら、この人「火星儀」の店長なのか。 前川さんが働いているところを何回も見たけど、一度も見たことない。 形だけの店長? これ、エリオが駄菓子屋で働く前のことなのか。 エリオのために裏で色々とがん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 七章 「誰かさんの思い出になる日」

あれ? 夕飯作りはどうなった? 見知らぬ人からのコーラのプレゼントの話。 というか、前川の話? 特に気にせずに見ていたら、真が腕を折った後だった。 むしろ前回の話が時間系列が前だったのか? 日付が出てたけど覚えてないわwww コーラを店の前に置いたのは、前川の予想通りペットボトルロケットを飛ばしているおっさん。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 六章 「リュウ『コ』さんの、なんちゅーか、もやーっと」

不思議というか、痛い子流子視点になってもやっぱりちょっと痛い子だった。 学校帰りに駄菓子屋に行くとか、実はフラグを立てに言ってるんじゃないのか? エリオのwww 駄菓子屋に来なくなると思ったら、真のために来る気になるとか、やっぱり恋っすか。 ということで、フラグを立てるために雨の日に駄菓子屋に張るとか。 暇だろwww  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 五章 「サンクスギビングの憂鬱」

宇宙人じゃないと証明されたら布団は必要なくなった? と思ったら、新たな布団人間。 まあ、女々だと思っていたけどね。 しかし、これで40歳とか。 世も末だよな。 前回の誕生日を祝わなかったから、明日はエリオの誕生日を祝おうって、どんな理屈。 まあ深く考えたら終わりだな。 ということで誕生日プレゼントを買いに行こう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 四章 「右腕骨折全治一箇月」

青春ポイント、やっぱり痛いな。 何がって、いちいちそんなのをカウントしてる真がだけどな。 それはさておき、前回のダイブ。 右腕の骨折だけで済んだとか。 エリオは特に怪我もないし、運が良かったな。 女々が相変わらず変態すぎる。 話にもちょろっと出ていたエリオの父親はどう折り合っていたのか気になる。 まあ女々いわく、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 三章 「地を這う少女の不思議な刹那」

同じシャフトで化物語という言葉遊びを使ったアニメが先に出たせいで二番煎じ感がいつまでも抜けない・・ ・。 キャラ萌えが出来ればいいんだけど、キャラにも萌えないしなー。 なんとか視聴してるってレベルだ。 相変わらず主人公がリア充。 まあ、周りに居るのが痛いのばっかりだから充実といっても嬉しくもなんともないけど。 という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 二章 「失踪する思春期のレヴェリー」

エリオの宇宙人設定は聞き続けなければいけないのかね? 真じゃないけど、おざなりになるわ。 クラスメイトの流子もちょっとおかしな子だ。 ・・・主人公の周りにくる子はみんなおかしな子という展開? キャラに愛がなければつらい作品だな。 前回も思ったけど、エリオのしゃべっている声って、布団をかぶったようなこもった声じゃないよ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

電波女と青春男 一章 「宇宙人の都会」

原作は電撃文庫らしい。 同じ電波とつけるのなら「電波的な彼女」がいいのに・・・。 まあ、それはさておき未読状態で視聴スタート。 タイトルが電波女と青春男なはずなのに、主人公も引き取るおばも少し電波入ってないか? と思ったら、段違いに変な子が出てきた。 この子が電波女? 叔母さんがスルーしているの気になる。 言葉の掛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more