テーマ:さよなら絶望先生

懺・さよなら絶望先生 第十三話(終)

アバンの朗読のバリエーションの豊富さにはあきれるわ。(いい意味で) 本当、千和さんスゲー。 というわけで始まった、懺・さよなら絶望先生最終話。 「誤字院原の敵討」 小さなことには気になって、大きな間違いには気が付く。 ということで、それに対して気づかないことが優しさ。 優しさではなくて本当に気が付かないパターンの方が多そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懺・さよなら絶望先生 第十二話

「三次のあと 」 蓋を開けないことで他の可能性の平行世界がある。 というか、知らないことで幸せなことはいっぱいあるなということ。 現実逃避ですな。 しかし、景の嫁が気になる・・・。 腕が毛深く足は美脚、背中には羽が生えていますが・・・。 最後はやっぱり千里の血みどろネタ。 扉を開けなければ、そんな惨劇すらなかったことに。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

懺・さよなら絶望先生 第十一話

「眼鏡子の家」 眼鏡をなくした望。 ということでコンタクトを装着。 って、藤吉が認めない! カンパを募って眼鏡を買うことに。 可符香が買って来たのは色つき眼鏡。 色つき眼鏡をつけることによって色眼鏡で見始める望。 自分を見ても色眼鏡。 ・・・なんとも痛い話だ。 望「「今僕たちは偏見という色眼鏡を外さなければいけない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懺・さよなら絶望先生 第十話

「クラックな卵」 卵が先かニワトリが先かという話。 突き詰めると本当にきりが無いよな。 でも明らかにどちらが咲きかが分かるものもチラホラ。 原点を求めると原始時代になってます。 そしてどっちが先かの論争。 この時代にパンツは無いだろ(^∇^;) そして最後は「希望が先か、絶望が先か」でなにやらいい話っぽくオワタ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懺・さよなら絶望先生 第九話

「尼になった急場」 急場しのぎでどう切り抜けるかいうはなし。 確かに急に誕生日とかは困るな。 だからといって歌われるのは祝われる方も引くわ。 寒さを急場しのぎするためにおしくらまんじゅうをすることに。 って、先生死んだ(^∇^;) 証拠隠滅で人形を残して死体は床下に。 証拠を見つけた奈美も千里の手によって床下に。 千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懺・さよなら絶望先生 第八話

「ああサプライズだよ、と私はうつろに呟くのであった パート2」 サプライズの続き。 何も無いのがサプライズ。 来るぞ来るぞと身構えたら何も無い。 サプライズというより空回り? 「告白縮緬組」 自主トレというか自首トレ。 千里の自首トレが怖すぎる。 どんな自首トレをしたんだか。 合同自首トレが恐ろしい。 確実に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懺・さよなら絶望先生 第七話

「アンドロイドは機械の花嫁の夢を見るか」 ビジネスでは良くありがちな、最初は安くて後から徴収する話。 って、前回からずっと教室にいる大浦さん。 週刊旅立ちパック(^∇^;) 2週であの世生きですか。 それで良心的。 物はいいよう。 週刊・絶望先生。 完成したら「ちゅーしなさい」って命令。 望じゃなければ皆喜んでする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懺・さよなら絶望先生 第六話

「マディソン郡のはしか」 はしかの話。 子供のうちに罹っておけってやつですね。 はしか以外にも大人になって嵌まるとヤバイという話だけど・・・。 子供のうちに免疫力というか、無理に罹らせなくても・・・。 オチの千里の肉人形がオソロシス。 天日に3日も干したら、友達も死ぬわ!! こんなの、早いも遅いも無いだろ! 「夜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懺・さよなら絶望先生 第五話

「過多たたき」 過剰な肩書きは引くという話。 確かに、全世界(全米)が泣いたとかは管理人は完全に引きます。 そして、過剰な肩書きはたまに痛い。 本の帯のうたい文句も逆に購入意欲をなくしたり。 ひねくれものなんですかねwww 「アーとウルーとビィの冒険」 うるう秒? 千里とは違いますので、まったく気にしません(^∇^;…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懺・さよなら絶望先生 第四話

「余は如何にして真人間となりし乎」 TPOをわきまえろ、というお話。 雨の日のオープンカーはダメでしょ。 屋根を付けろよ。 いけない!カエレ先生 エロですね。 そして、続くのか? 締め切り前のゲーム (^∇^;) 確かに、テスト前のゲームは楽しいです。 TPOをわきまえない絶望先生は売れる! いや、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懺・さよなら絶望先生 第三話

なんだか、今までになく朗読チックな読み方のあらすじ。 「×の悲劇」 スイッチは押さないでいい。 しかし、あれば押してしまうのが人間の性。 可符香が押したスイッチは誰の何のスイッチ? スイッチの連鎖。 小森はショタコンだったのか!! メリー×マス メリーが攻めでマスが受け・・・腐女子の脳内ではこんな風になるんですか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懺・さよなら絶望先生 第二話

あいかわらず朗読は斎藤千和さん。 本当にここだけの出演なのか。 なんというもったいない使い方。 「持つ女」 ○ルビッシュを見て、今の人生と違う人生もあったんではないかという、天は2物を与えたという話。 シャフ○が作品中に制作進行を急募してる (;゚д゚) ネタか本気か微妙なところだ。 38カット目で放送中止に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

懺・さよなら絶望先生 第一話

さよなら絶望先生のTVシリーズ、第3期。 アバンタイトルの前巻のあらすじがカオス過ぎる (^∇^;) これって単行本に載ってるのそのまま? そして、斎藤千和さんがここでしか使われていないことに絶望した!! 相変わらず小ネタというか、バックのネタが多すぎて一時停止をしなきゃ読めません。 そして、千里のセリフにいちいち句読点が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more