テーマ:No.6

No.6 #11(終)「伝えてくれ、ありのままを」

寄生蜂が孵り始めた。 クロノスに住んでいる住人全員が対象? となると、健康診断と偽って卵を植えつけた可能性が高いな。 今更何を言っても遅いけど。 沙布の解説に入りました。 紫苑は完全に蚊帳の外www No.6がエリウリアスの存在を知る。 エリウリアスの力があるなら大地に緑が戻ると思い込んだNO.6はどうにかして力を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.6 #10「奈落にあるもの」

人間狩りのその後。 途中で助かった子供をイヌカシに託したけど、イヌカシにはいい迷惑なんじゃね? なんだかんだ言ってもイヌカシはいいやつだから見捨てることは無いと思うけど。 紫苑とネズミ。 ネズミはこの先に待ち受けているものが何か知っているみたいだけど、そこまでの地獄なのか? 着いた先は死体の山。 クロノスに住むもの以外を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.6 #09「災厄の舞台」

No.6の謎とか云々の前に、腐女子好みな描写はなんとかならんのかなー。 原作もそういう方面に需要があるのかね? それはさておき、No.6への侵入のために高官への色仕掛け。 で、なんでその役がイヌカシ? ネズミがやればいいじゃん。 人選ミスだろ。 なんとか、というか無理やり作戦成功。 とはいえ、得た情報では侵入経路が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.6 #08「そのわけは…」

ネズミと一緒に着いた先はNo.6の秘密を知っている人? どうやら紫苑の母、火藍と同じ研究所で働いていたみたい。 相変わらず沙布がなんか危険なポジションに居るな。 沙布がサンプルで誰かを目覚めさせようとしているらしい。 寄生蜂みたいに何かを寄生させたりとかしないよね。 どうか沙布が無事でありますように( ̄人 ̄) この間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.6 #07「真実の嘘・虚構の真実」

沙布が拉致されたと言うのに紫苑はいつもどおり過ぎる。 まあ、知らないからしょうがないんだけど。 沙布のことは見捨てるかと思ったら、ネズミ自ら動いてる。 このまま紫苑に何も言わずに行動するつもりか? 沙布が連れて行かれたときは何も出来なかったけど、火藍も何か行動をし始めた。 とはいえ出来ることは限られてるけど。 No.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.6 #06「密やかな危機」

ばあさんが倒れたことで沙布はNO.6に帰ってきた。 これで天涯孤独の身になってしまったか。 遺品がめがねと衣服くらい? 別れ際に沙布と分けた編み棒すらないって、誰かが何かを隠してる? 衣服に祖母の匂いすらないことで沙布がNo.6に疑問を持ち始めた。 頼ろうとした紫苑は重犯罪者として接続不可。 疑問は不審になり始めたか。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

No.6 #05「冥府の天使」

寄生蜂の被害者がまた。 この寄生蜂ってクロノスに居る住人皆に潜在しているのか? で、発症するかは完全にランダム。 となると、沙布や火藍もいつか孵化する可能性がある? なんとなく分かっていたけど、舞台でのネズミは女形か。 紫苑が見たいって言ったときに拒絶したからな。 紫苑がバカにすることはないだろうけど、見られたくない感情…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

No.6 #04「魔と聖」

母一人、子一人だから紫苑が居なくなったときのショックは大きい。 ねずみが持ってきた私信でとりあえず無事だけ判明。 それに対して火藍が書いた文章は何? 何かがあるのか? 下町は治安が悪いな。 まあ、クロノスに入れなかった者が流れ着いたところだからこんなものなんだろうけど、それに対して紫苑が無防備すぎる。 ネズミがイラつくの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

No.6 #03「生と死と」

たどり着いた先はネズミの隠れ家。 首筋にあるのはまさか山勢と同じ虫に寄生されてる? 変化は首から手に。 首にいる寄生蜂を切除すれば何とかなる? しかし、山勢の時と違って進行が緩やかだな。 山勢は進行していたのに気付かなくて、最後に一気に加速したのかな? とりあえず首にいた寄生蜂を切除したので何とかなったみたい。 そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

No.6 #02「光をまとう街」

紫苑は何をしてるんだ? バイト? つーか、なんか成長してない? 前回の最後を思い出せない・・・。 何が起こったんだ? そして変死体が。 これもまた何が起こったんだ? どうやら1話目から4年が経っているらしい。 沙布はNo.5への留学が決まり紫苑は・・・。 決まっていた特別コースが剥奪、居住区も追い出されロストタウン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

No.6 #01「びしょぬれネズミ」

読んだことはないけど、こんなタイトルの小説がなかったっけ? とおもったら、原作はあさのあつこ女史の小説でした。 未読なため、どんな内容かは不明。 なんか脳がどうとかって発表してるんだけど・・・。 ここはどこ? 学園都市みたいなとこ? 主人公が紫苑で、友達が沙布と。 台風が来る日に誕生日とか。 自分の誕生日くらい覚えて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more