テーマ:カンピオーネ!

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ #13(終)「神殺しの物語」

あらすじ 強大なまつろわぬ神が顕現し、世界は闇に落ちようとしていた。先の天叢雲劍との戦いで力を使い果たしていた護堂に、今は対抗する術がない! エリカたちは己を盾に、護堂と戦局の鍵を握る少女を逃がす…が、圧倒的なまつろわぬ神の力に、善戦も空しく倒れていった。 離脱した護堂と少女は、日本最大のパワースポット・富士山山中の祠に逃げ込んだ。権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ #12「天叢雲劍」

あらすじ 恵那の力で生と不死の境界「幽世」に送られた護堂。彼はそこで恵那の保護者を名乗るスサノオと出会う。スサノオは、かつてはまつろわぬ神として顕現していたが、暴れ回ることに飽きて幽世に隠居したらしい。そしてスサノオは、護堂にある助言を授ける。 その一方、護堂を追って幽世に飛び込んだエリカは、恵那と死闘を演じていた。しかし天叢雲劍を憑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ #11「太刀の媛巫女」

あらすじ ナポリでの一件以来、「騎士の務め」と称して護堂の身辺にリリアナが加わり、日常はさらに大混乱! そんなある日、護堂の元に新たな押しかけ女房が登場。大剣を携えた少女・清秋院恵那は、「王様のお嫁入りに来た」とあっけらかんと語る。美少女に囲まれた現状を弁明するあまり、護堂はつい祐理たちを「ただの友達」と言い放ってしまう。 護堂の友達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ #10「荒ぶる魔王、太陽の勇者」

あらすじ 護堂とリリアナの元に、ペルセウスからの決闘状が到着する。リリアナは、アテナより授かった天啓を護堂に授けようと思いつつも、口移しによる『教授』の 術になかなか踏み出せないでいた。そして進展のないまま、護堂とペルセウスは再び対峙することに! 対抗手段を持たない護堂を、終始圧倒するペルセウス 。倒れた護堂に駆け寄るリリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ #9「行方不明の王様たち」

あらすじ ペルセウスに敗れた護堂を救ったのは、護堂を自分の獲物と認めたアテナ。彼女の介入でペルセウスは剣を収めるが、傷が癒えた際の再戦を告げるのであった 。 死の淵から甦った護堂を迎えたのは、青銅黒十字の支部で彼を介護するリリアナだった。リリアナの付き人・カレンはライバルのエリカを出し抜くため、 護堂を籠絡するよう主に進言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ #8「英雄推参」

あらすじ 夏休み、護堂は再びサルデーニャ島の大地を踏んでいた。エリカから逃れるため、ルクレチアを頼っての行動であった。…が、途中で祐理に捕まり、イタリアに到着するとそこにエリカの姿まで! 結局、二人にに挟まれた、いつも通りの騒がしいバカンスになるのであった…。 その夜、エリカたちの元を離れた護堂はアテナと再会する。時を同じくして、ナポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ #7「風よ、雨よ、狼よ」

あらすじ ヴォバンの強力な権能に敗れ、護堂は退却を余儀なくされていた。その一方、追っ手の死者たちを引き受けていたエリカの前に、彼女のライバルにしてヴォバンの従者・リリアナが現れた。苦戦を続けるエリカ。そこに祐理が駆けつけ、リリアナにヴォバンから離反するよう呼びかける。騎士の誇りを重んじるリリアナはこれを拒むが、エリカが彼女のあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ #6「王たちは話し合う」

あらすじ 祐理がヴォバンに連れ去られてしまった! 四年前の「招来の儀」で祐理の才能に目をつけていたヴォバンは、彼女を利用して再びまつろわぬ神を呼び出し、闘争を楽しもうとしていたのだ。このことを正史編纂委員会の甘粕から聞かされた護堂は、祐理を奪還するため、エリカとともにヴォバンの元へと向かった! 立ちふさがる死者やゴーレムを排し、護堂は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ #5「好日ならざる日々」

あらすじ アテナの脅威も落着し平穏な日常を送る護堂は、例によって、所構わずまとわりついてくるエリカに困惑していた。教室でいちゃつく二人の様子はクラスの男子たちの嫉妬を買い、生真面目な祐理は護堂に対して説教の連続。そしてついには、エリカと祐理の野球対決まで勃発してしまう…と、護堂の気は休まる暇もない。 その一方、東欧の魔王と呼ばれるカン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ #4「まつろわぬアテナ」

あらすじ 死の言霊で護堂は倒れ、アテナが顕現した周囲は神の引き起こす災厄で混乱を極めていた! その最中、ゴルゴネイオン封印のため逃走する祐理はアテナに追われていた。そしてウルスラグナの権能で蘇生した護堂は、エリカとともに決戦の準備を進める。 やがて祐理の元にアテナが到達。とある目的のため来日していた魔術師・リリアナ・クラニチャールが加…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ #3「遠方より敵来たる」

あらすじ エリカの課した試練を権能で乗り越えた護堂は、世界中の結社から新たなカンピオーネとして認められつつあった。しかし護堂の日常は、熱烈に迫るエリカと、嫉妬に燃える周囲の視線に神経をすり減らされるという、刺激に満ちつつも平凡なものであり、そして彼自身もそれを望んでいた。 そんなある日、護堂は祐理に呼び出され神具「ゴルゴネイオン」を日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ #2「王様のいる風景」

あらすじ 顕現したまつろわぬ神・ウルスラグナを倒し、神の能力を簒奪してカンピオーネとなった護堂。それから一週間後、護堂の元にはエリカがイタリアから押しかけて、教室でも堂々と愛を求めてくるという波乱の展開が! 一方、カンピオーネの力に注目し護堂に接近する者の姿も…。日本の魔術関係者の監査機関「正史編纂委員会」の甘粕冬馬と、協力者の媛巫女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ #1「はじまりの物語」

あらすじ イタリア・サルデーニャ島に降り立った少年・草薙護堂。彼は祖父の使いとして、不思議な石板「プロメテウス秘笈」を届けに訪れたのだ。そこに真紅のドレスの美少女・エリカ・ブランデッリが現れ、石板を渡すよう要求。二人が言い争う中、突如咆哮が上がり、神話から抜け出したかのような巨大な猪が出現する! 暴れる猪を前に絶体絶命の護堂たち! そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more