テーマ:東京レイヴンズ

東京レイヴンズ #18 「over-cry -強襲-」

あらすじ レビュー 改めて御礼を言ってる姿を見るとなんかこう夏目に死亡フラグが立ってるように見える。 ヘタレ春虎は未だに夏目に北斗のことを確認できてないし、夏目も告白出来てない。 肝心なところで前に進んでないんだよな。 バレて最初の登校か。 なんとも気まずい。 最初から知ってた春虎と冬児はいいけど、普通に接して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #17 「_DARKNESS_EMERGE_ -髭切-」

あらすじ 鏡の式神・シェイバの様子がおかしい。 突然跳びかかり、春虎たちに近づいた元双角会の一員・江藤を斬り裂き、江藤が持っていた呪具も無造作に破壊する。 するとそこから瘴気が噴き出した! 一気に霊災がフェーズ3まで進行し、間近で瘴気を浴びたシェイバもまた、霊災に侵され春虎たちに襲いかかる。 強力な使役式であるシェイバは愛刀・髭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #16 「_DARKNESS_EMERGE_ -神扇-」

あらすじ 陰陽庁による双角会の一斉掃討が始まった。 これは陰陽庁内にいる双角会員をあぶり出すという目的があった。 被害の飛び火に備え、塾生には護衛がつくことになったが、護衛は……なんと『鬼喰い』鏡伶路!  彼は使用禁止になっていた式神・シェイバまで持ち出して塾生の護衛にあたる。 一方で陰陽庁による双角会の検挙は着々と進み、『十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #15 「_DARKNESS_EMERGE_ -邂逅-」

あらすじ 蘆屋道満の陰陽塾襲撃事件は、大友の活躍によりなんとか終息した。 しかし大友は入院。 塾生たちは半壊した塾舎修復の間、祓魔局目黒支部に通い、プロの祓魔官に囲まれて呪術を学ぶことに。 そんな状況のなか、大友と道満の術比べに魅了された春虎は何度も2人の呪術戦を思い返していた。 更に彼は塾舎の屋上にあった祭壇のことを思い出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #14 「Black Shaman ASSAULT -術比(じゅつくらべ)-」

あらすじ 蘆屋道満の式神に襲撃される陰陽庁。 しかし道満本人がやってきたのは陰陽塾だった。 彼の放った黒い結界がエントランスロビーを侵食し、塾舎の外壁を何体もの土蜘蛛が這い回る。 その土蜘蛛の一体が春虎たちを見つけ、天馬に仕掛けていた呪符を発動。 塾舎の結界を破り、内部に侵入してきた!  なんとか土蜘蛛を退け、屋上に逃れる春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #13 「Black Shaman ASSAULT -法師-」

あらすじ 北斗を操っていたのは夏目だった? 実技合宿が終わってから、春虎の胸の中にはそんな疑惑が渦巻いていた。 一方夏目も、春虎の気持ちが捉えきれずもやもやとした思いを抱えていた。 彼らと同じように、陰陽塾の仲間たちが秘めていた想いも、だんだんと浮き彫りになっていく。 そんななか、ついに動き出す蘆屋道満。彼は陰陽庁に式神を放ち、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #12 「GIRL RETURN -恋心-」

あらすじ バスに乗って陰陽塾の面々が向かうのは、二・三年生合同の実技合宿。 鈴鹿の仕打ちから逃れられると、にこやかな春虎と夏目だったが、不幸なことに合宿所では鈴鹿が待ち受けていた。 彼女は特別にこの合宿に参加することになっていたのだ。 合宿が進んでいくなか、遅れて登場した冬児は鈴鹿に自分の鬼の力を見せ、『協力』を願い出る。 夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #11 「GIRL RETURN -虎-」

あらすじ 夏目の弱みを握ったことで、鈴鹿は春虎と夏目をこき使うようになった。 エスカレートする鈴鹿はついに男子寮にまで押しかけてきた! 鈴鹿は傍若無人に部屋を荒し、夏目の部屋の押し入れにある結界を解こうとする。 夏目は猛烈に反抗して北斗を召喚。 暴れ回った末に、彼らは揃って寮母に怒られることになった。 その翌日、陰陽塾に謎の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #10 「GIRL RETURN -神童-」

あらすじ 『上巳の再祓』から一ヶ月。 春虎たちは二年に進級し、陰陽塾には新入生がやってきた。 その代表として壇上で挨拶をしたのは、なんと『神童』大連寺鈴鹿だった。 禁呪を行い、陰陽庁に捕らえられたはずの鈴鹿がなぜ……?  まるでアイドルのような笑顔を振りまく鈴鹿に、困惑する春虎たち。 そのとき、春虎に気づいた鈴鹿が壇上から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #09 「cHImAirA DanCE -修祓-」

あらすじ フェーズ4に移行した鵺の一体『キマイラ01』は霊災連鎖により、百鬼夜行を発生させていた。その最中、逃亡した『キマイラ02』を追って、夏目は十二神将の一人・木暮禅次朗とともにバイクに乗る。夏目が北斗を繰り、『キマイラ02』を追い詰めたというところで、行く手を阻む霊災テロの首謀者・六人部千尋。木暮は六人部と対峙し、夏目は追いつい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #08 「cHImAirA DanCE -生成(なまなり)-」

あらすじ 霊災はフェーズ3へ移行し、動的霊災・鵺が現出! そのとき、瘴気にあてられた冬児が苦しみだし頭には角が……。彼は2年前の霊災テロの影響で、鬼の『生成り』になっていたのだ。陰陽塾に避難した春虎たちは、塾長の倉橋美代から、夏目の竜の力を貸してほしいと言われる。暴れる鵺と戦うために、夏目は祓魔局に行くことを決意する。同時に、春虎たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #07 「cHImAirA DanCE -鬼喰(おにくい)-」

あらすじ 春虎と冬児が陰陽塾に編入してから半年が経ち、陰陽塾では試験の真っ最中。塾生たちは実技試験に向けて意気込んでいた。一方、伝説の陰陽師『D』の暗躍を捉えた呪捜部部長の天海大善は、比良多篤祢とともに大友陣と密会し、警戒を強めていた。そして行われる春虎たちの実技試験。それは擬似的な霊災の修祓だった。しかし試験の最中に霊災テロが発生!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #06「days in nest-休日-」

あらすじ 突然入寮してきた春虎と冬児、夏目の三人は、密かに寮母の間で噂になっていた。そんな状況を恐れつつも、春虎と夏目は日曜日に二人で渋谷に出かけることに。しかし無計画な二人は街をさまよい、ラブホテル街に迷い込んでしまう。さらに雨まで降ってきたところで二人は寮母に後を付けられていたことに気づき、隠れるためにラブホテルに入りドギマギする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #05 「RAVEN"s NEST-絆-」

あらすじ レビュー 考えてみれば京子も可哀想だよな。 初恋の人に再会したと思ったら、相手は自分のことをまったく覚えてない。 まあ、夏目が覚えていないのは当たり前な理由があるんだけどさ。 何も知らない京子にとっては自分はその程度だったかと思うに十分。 で、その相手が気に掛ける式神が出てきたとなったら、噛み付いて気を引き…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #04 「RAVEN"s NEST-学舎-」

あらすじ 陰陽塾に通うこととなり、寮での生活が始まった春虎と冬児。担任の大友に案内された教室で挨拶をするが、半年遅れで編入してきた彼らを倉橋家の令嬢・京子は疑問に思い、異議を唱えた。それを仲裁してくれた夏目だったが、あまりに勉強ができない春虎に激怒し、特訓を言い渡す。夏目からの宿題にげんなりしていた春虎は、父親から渡された式符のことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #03 「SHAMAN*CLAN -魂呼(たまよばい)-」

あらすじ 契約を交わし、夏目の式神となった春虎。二人は『泰山府君祭』を行うため土御門家の裏山に向かった鈴鹿を追い、夏目の式神の白馬・雪風にまたがって空を駆ける! 対する鈴鹿は装甲鬼兵・土蜘蛛を用いて結界を張って足止めをし、もう一体の式神・阿修羅を繰って斬りかかる。挟み撃ちで絶体絶命の夏目は、式神の竜・北斗を召喚する。その力を借りて、春…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #02 「SHAMAN*CLAN -告白-」

あらすじ 夏祭り会場に現れた『十二神将』の一人、『神童』大連寺鈴鹿。彼女はとある禁呪を執り行なおうとし、陰陽庁から追われる身になっていた。鈴鹿の式神に捕らえられた春虎は、彼女にいきなりキスをされる。それを目撃してしまった北斗はショックで泣きじゃくり、走り去ってしまった。翌日、気まずい思いを引きずる春虎だったが、土御門家の次代当主の少女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ #01 「SHAMAN*CLAN -約束-」

あらすじ とある田舎町で夏休みを過ごす少年・土御門春虎。彼は陰陽師の名門・土御門の分家の人間で、ちょっと運が悪いという以外は平凡な高校生。夏期補習からの帰り道、彼と親友の阿刀冬児、中学時代に出会った少女・北斗は他愛のない会話を交わしていた。そんな中、北斗はなぜか春虎に「陰陽師を目指せ」と迫ってくる。才能のない春虎は陰陽師になる気はなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more