リトルウィッチアカデミア 第3話 「Don't stop me now」

あらすじ
基礎魔法すら出来ないアッコの指導役を買って出たアーシュラ先生から、アッコは自分専用ホウキを受け取る。
これで空を飛ぶことができることを喜ぶが、ホウキはピクリとも反応しない。
そんな中開催される伝統の「ルーナノヴァ杯ホウキリレー」。三人一組でバトンをつなぎ勝者を決める。
その歴代優勝者の写真の中にシャリオの姿を見つけたアッコは、二人に言わず勝手にホウキリレーへの参加を決めてしまう。
リレーには優勝候補筆頭のダイアナ、飛行魔法に自信があるアマンダなどライバルがたくさん出場するが、アッコたちはホウキリレーで優勝できるのか!?

レビュー
アーシュラ先生、魔法天文学の先生だったのか。
まだ授業風景を見たことがないから何とも言えないけど、教え方は優秀なんだろうか。

アーシュラ=シャリオだとすると、アッコにべた褒めされてると居た堪れなくなるのもわかる。
だけど杖はアッコのものってどういうことなんだろうか。
そもそも杖が現れたって、杖が意思を持ってアッコの前に出てきたみたいなんだけど。
「運命と魔法がアッコを導く」
「信じる心が私の魔法」
すごく意味深なんだよなー。

魔道石がないと魔法は使えないのか。
シャリオが10年前に魔法を使ってた時はそんな石があるように見えなかったんだけどな。
小型のでもあったんだろうか。

問題児来たーー。
アマンダとヤフミンカ、コンスタンツェだったか。
アッコと違ってみんな優秀だな。

アッコが前向きすぎる。
すがすがしいほど前向きで強引だな。
そして巻き込まれるロッテとスーシィなんだよね。
なんというか、お疲れ(;^ω^)

「流星丸」魔力が込められた箒らしい。
乗ってる魔女が落ちても気づかないって箒の問題児じゃないか。
問題があるのしか出てこないな。

初等部の飛行教本なのに嬉しそうに持って行って。
アッコって本当前向きだしひねたところがないな。
普通だったらバカにされたってなるところなのに。

優勝賞品からスーシィがやる気を出したのはいいんだけどさ。
練習の仕方は正しいんだろうか。
見る間にアッコがボロボロになっていってるんだけど。

コンスタンツェてt本当に魔女になりたいのかな。
どっちかというとメカニック系だと思うんだけど。

アッコのは飛行というんだろうか。
これは跳躍だろ。
流星丸も乗れたというよりも乗ってるだけというかしがみついてるだけというか。
技術関係ないよね。

ダイアナさんかっけーっす。
完全主人公っぽいですよ。
しかしいいタイミングで追いついたもんだな。

箒が鳥になった。
いや、逆?
もとは鳥を箒にしてたとか?

ダイアナがアッコの熱意を認めたよ。
前回といいダイアナって認めるところはきちんと認めるんだよな。
認めるレベルが高いけどww

アーシュラ先生の発言からするに
「今は熱意だけ」
そのうち技術に変わるってことかな。
そのあとシャリオを見てたのが意味深だけど、気にしすぎかな。





迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック