ワールドトリガー 第二話 「近界民(ネイバー)とトリオン兵」

あらすじ
現場に駆けつけた三輪隊は、すでに何者かに撃破された大型ネイバーと地面が陥没し凄まじい有様の残骸を目撃する。「一体誰がこれを・・・?」困惑する三輪隊。
一方、三雲修は自らネイバーを名乗る空閑遊真に振り回されていた。
遊真が無防備に百万円の札束を取り出したせいで不良グループに囲まれるが、いとも簡単に追い払ってしまう。そんな遊真を何でも力で解決するなとたしなめる修。
徐々に信頼関係が生まれ始めた二人。新たな危険が迫っていた。

レビュー
遊真の能力はトリガーのA級と同じってことはかなり強いじゃん。
むしろ修が弱すぎる。
まだ下っ端なせいだけどさ、上に行く前に大きな怪我か何かをやらかしそう。

ネイバーとトリオン兵ってのは違うのか
この世界でネイバーって言ってるのはトリオン兵。
最初に誰が言い出したんだろう。
そしてトリオン兵を使役してるのも謎だな。
ネイバーが作った兵器が勝手に暴れてるとも思えない。
何らかの目的を持って襲ってると考えたほうが妥当だろうな。

街中で札束出すバカがどこに居るんだよ。
遊真は強いかもしれないけど、外見を見るだけだと子供。
襲われるな。

いきなり当たり屋に絡まれてる。
この世界はネイバーが襲う以外に住人の質が悪すぎやしない?

なんだろう、この無邪気な悪意みたいなのは。
裏が無いとも違う。
曲がったことが嫌いとも違うような・・・。
これ、野放しにしたら大変すぎる。
まあ本人が強いから暴力で金を奪われることはないだろうけど、片っ端から相手を病院送りにしそう。

またたかられてる。
次から次へとたかられるな。
そしてまた返り討ち。
修が居ても居なくても暴力で解決しすぎですよ。
そのうち警察が出てくるぞ。

顔、割れてた(;´Д`)
あの外見は張りぼてかなにかで、中身は違うのか?
地球に外見を似せただけと思うと、恐ろしいものに見えて来た。

ボーダーって記憶操作もするのかよ。
機密保持ってなんの機密だよ。
ネイバーと遭遇したことはたいしたことないだろうし、ボーダーが誰だかバレるのがまずい?
でもそんなのは完全に機密にするのは無理じゃね?

ネイバーに狙われるのはこの町のみ?
どう考えても町に狙われる何かがあるか、誘導してるやつが居るだろ。
むしろボーダーの存在がネイバーに狙われる原因なんじゃないか?
そもそもボーダーから発せられる誘導装置もおかしい。
繋がってるとしか思えないんだけど。
どんどんボーダーという存在が怪しく見えて来た。

学校にネイバーって遊真の傍に出現したとかじゃないよね。
色々と考えすぎか。

相変わらずの謎技術の着替えだな。
ボーダーの技術はネイバーの世界の技術を流用してるんだろうな。
となると遊真が持ってるトリガーがオリジナルになるのか。
オリジナルだし、元々持ってる種族なら使いこなせるのにも納得できるし。

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック