四月は君の嘘 第2話 「友人A」

あらすじ
有馬公生たちを連れて、宮園かをりはコンサートホールへ向かう。そこではヴァイオリン部門のコンクールが行われていた。
懐かしい匂いがするホールの空気を味わう公生。
天才ピアニストと呼ばれていた公生のことに気づく観客も会場には多くいた。
コンクールがはじまり、会場には緊張感が張りつめる。
そして4番目にかをりの出番がやってきた。
彼女が弾く『クロイツェル』は、ほかの出場者の演奏とは全く違うものだった。
楽譜の指示に従わず、曲を自分のものにしてしまう。
その彼女の姿は美しかった。演奏を終えたかをりは渡亮太のもとへ駆けていく。
その光景はまるで映画のワンシーン。
ヒーローとヒロインのラブシーンを横で見つめる、公生はさながら「友人A」の役を務めているような気分を味わうのだった。

レビュー
結構広いホールでやるんだな。
二階もあるってかなりのものだぞ。
椿のイメージしてるのはプロが客を呼んでやるような会場だろ。
そりゃ比べるのが間違ってる。

公生を知ってる人多いな。
まあ同じ音楽をやってる人からすると天才と呼ばれた子が今は弾いてなくても気になるのはしょうがないか。
楽器が同じなら再度弾き始めればライバルか。

バイオリンのコンクールって言ってもバイオリンだけじゃないんだね。
ピアノの伴奏付き。
最終的にかをりの伴奏を公生が弾くとかって展開になるのかね。
しかし動きがないまま音が出てる。
まさかかをりもこんなんじゃないよね。

亮太がさっさと寝てるんだけどwww
クラシックだしさぞ気持ちよく寝られるだろうな。

かをりだけ半端無く作画頑張ってる。
というか気合はいりすぎ。
前々での演奏者はこのためのためかよ。

審査員に評判が悪い。
伴奏者を無視した走りってのだめと同じじゃん。
こう自分の好きなように弾くっての?
こういうのはなんとなくクラシックを聞く人には評判がいいけど、審査員に悪いのは定番ですね。
コンサートじゃなくってコンクールだし。

性格とか問題があっても音楽は認める。
これ、さらにのだめと千秋の関係と同じじゃないか。
のだめよりも暴力的なのがすごく問題だけど(;´Д`)

公生、子供を使って評価をしたな。
自分の思いを直接は言わずに。
手放しで褒めてても友人Aから何かが変わったかもしれないのに。
しかし、かをりの手が震えてたのは、結果に興味がなくても公生の評価は気になってたの?
今弾いてなくても認めてたってことなのかな?

椿の言葉が呪いのように聞こえてくるな。
友人Aから主役になれる日は来るのかな?
顔からすると亮太が主人公って思われてもしょうがない。
性格も悪くはないんだよな。
八方美人なだけで(;´Д`)

公生も性格が悪いとかじゃないんだよな。
亮太が他の女の子と帰ったことを言わなかったし。
ただそれが好感度には繋がらないというだけで。
この先友人Aから脱却できるのかな。
可能性があるとすればかをりの亮太への恋心が恋に恋するパターンだけど。


1話目でも思ってたけど背景、桜の描写が凝ってるよなー。
つい目が行く。
ノイタミナって全体的にこういうところのレベルも高い作品が多い気がする。
そしてかをりが美希に見えてしょうがないwww

迷走中の感想日記TOPへ






四月は君の嘘(6) [ 新川直司 ]
楽天ブックス
月刊少年マガジンKC 新川直司 講談社【秋のスーパー読書2014】 発行年月:2013年05月 ペー


楽天市場 by 四月は君の嘘(6) [ 新川直司 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック