グリザイアの果実 第二話 「スクールキラー由美子」

あらすじ
最初は雄二のことを怖がって、天音の後ろに隠れていた蒔菜だが、次第に心を開き、雄二に懐き始める。
クラスメイト達が雄二と親睦を深める中、ただ一人、由美子だけは彼のことを未だに警戒していた。
時にカッターで斬りかかってくる由美子を、持ち前の身体能力で難なくかわす雄二は、彼女と距離を縮めようと冗談を言うが、むしろ逆に怒らせてしまう。
なぜ由美子はそこまで自分を敵視するのか?
その疑問を解決するため、雄二は千鶴のもとを訪れる。

レビュー
いきなりカッターで切りつけるっておかしいだろ。
そしてそれを交わす主人公。

本は明るい場所で読め。
確かに明るい場所だけど太陽の下だと逆に目が疲れる。

その辺に寝てる人が居たらまずは生存確認www
下手にその辺で昼寝も出来ないよ。

蒔菜のストーカーしてる。
何か気になることでもあったのかな。
ただ寝てるだけにしか見えなかったけど。

お兄ちゃん?
同い年じゃないのか?
それとも年齢が違うのか、精神年齢の問題なのか。

感謝の気持ちかもしれないけど、食べかけのリンゴ。
他に飴とかあっただろ。
なんでそれを上げない。
感謝の気持ちじゃなくて、持ってるのが邪魔だから渡しただけ?

女ばっかりの学校に男が入るだけで襲われる。
思考がぶっ飛びすぎてる。
そして雄二の情報集め。
情報が集まらないって、普通はその辺の学生なんてブログとかツイッターやってないと引っかからないもんじゃね?
それが逆に怪しいなんて。

なんでデフォルメ?
唐突すぎてびっくりした。
そしてパンもろシーンから元に戻るとか。
なんだ?この演出。

パーソナルサークルに入りかけてる異質なものを排除しようとしてるのは分かるけどさ。
カッターを持って襲うのはやりすぎ。

蒔菜はもう懐いたのか?
一緒にザリガニを釣ってウンチクを披露しただけにしか見えなかったけどな。
案外チョロイんだな。

金髪さんも普通普通連呼してる。
それって普通じゃないのを言ってるようなもんなんだけどな。

雄二は200kmも歩いてきたのか。
結構大荷物を持ってたのはそのせいね。
おかげで職質くらう羽目になって。
そこまで想定してなかった常識知らず?

パツキンって(;^ω^)
人の知り合いをその呼び方はどうかと思うだけど。
しかも年上なのに。

ゴミ掃除。
殺しありの始末屋でいいんだよね。

人の恋人執拗に聞きすぎ。
別に恋人が居ようがどうでもいいじゃん。
むしろいた方が襲われる可能性が減るんだし。
それとももうすでにフラグたて済み?
アバンでもちょっかいかけてたし。
だとしたらチョロすぎだろ。
きっかけも何も無く前回過ぎるわ。

学校に来る前はヒモ。
公言できるってすごいな。
ゴミ掃除と同じように裏があるんだろうな。

こわっ
どんな形相で人の後ろに立ってるんだよ。
これすらも止めるのか。
遠距離からの投擲がいいんじゃね?

由美子さん、歩み寄ろうとしても拒絶って面倒ですね。
あれもこれもダメならどうやっても歩み寄れないじゃないですか。

EDは皆の初登校ですか。
天音、バイク出来たのか。
18歳以上なんですね。
最初からみちるがツンデレっぽくなろうとしてる。
蒔菜の家は金持ちなの?
でっかいトレーラーが来てるんだけど。
そうなるとなんでこの学校送りになったのか気になるな。
訳ありすぎる学校みたいだし。
さち、自転車www
でもそれが普通なのかもしれないな。
どこから自転車かは知らないけど。

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック