黒子のバスケ 第48Q 「負けたくない!」

あらすじ
ついに紫原がオフェンスに加わってきた!
誠凛は3人がかりでブロックするが、怪物じみたパワーは止まることを知らず、強烈なダンク『破壊の鉄槌(トールハンマー)』によりぶち破られてしまう。木吉の「後出しの権利」も通用せず、火神のブロックも破られ、果てはゴールまで破壊されてしまう・・・。
心も体も消耗しコートに倒れる木吉に無慈悲な言葉を投げかける紫原。
交代した黒子をはじめ、誠凛は木吉のリベンジを誓い、新フォーメーションで反撃に出る!

レビュー
バスケに興味がないくせにバスケを続けて、しかもそれで高校進学。
面倒なら辞めればよかったのに続けてるってことは興味がないって言いながらも多少は好きだったんじゃないのか?

今度はトールハンマーwww
名前だけで笑えるってどういうこと?

誰が来てもお構いましの強引なプレイになって来たな。
動きも雑だし。

紫原がバイスクローを使ったのに対して皆が驚くのが不思議なんだけど。
でかい手とボールを持つことの出来る握力があれば出来るだろ。

バスケが好きで、才能もある青峰とも違う。
才能はあるだけでやってるからバスケが好きでやってる人が目障りで悪態をついてるようにしか見えない。
努力が実るとは限らない。
けど実らないとも限らない。
未来のことが分からないからこそみんな努力をするんだけど、そんなことをしなくても試合に勝ててた紫原には分からないんだろうな。
青峰と同じように負ければ何か変わるんだろうか?

紫原がファールか。
最初のジャンプのファールも加算されるんだっけ?
となると今紫原は何ファールだ?

マークする対象が変わるマンツーマン。
これ、黒子の能力特化すぎだろ。
どこから来るか分からないから下手にパスも出せない。


伊月、シュートを決めたと思ったら、第3Qが終わってたのか。
1シュートとはいえ今の状況だと大きいな。
ただ今のところは誠凜に流れが来てる。
インターバルで流れが変わらなきゃいいけど。

火神が紫原と同じ働きをするって、できるのかよ。
またゾーンに入るのか?
というかキセキの世代と試合をするたびにゾーンに入りそうな予感。

木吉、泣いてたのか。
魂が浄化されたのかと思ったわwww
しかも泣いた理由が仲間が居るって改めて認識。
今更過ぎるwww
そして伊月がハリセンで叩きたくなるのも分からなくないわ。

最後の第4Q。
次回で決着がつくのか、もう一話行くのか。
2話位使いそうだな。

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック