黒子のバスケ 第47Q 「決まってらあ」

あらすじ
黒子の得点を皮切りに、猛烈に追い上げる誠凛。
そして第3クォーター、かつて「兄弟の絆」を結んだ火神と氷室の勝負が本格開戦する。
氷室は『ミラージュシュート』をはじめ流麗なプレイで「キセキの世代」と遜色ない実力を見せつけるも、火神は本領を発揮しきれない。
形勢逆転を狙う日向と木吉は、『イージスの盾』と称される陽泉の鉄壁の防御を破るため秘策に出る。
巧妙な戦略で紫原をイラつかせる木吉だったが、身体を張ったプレイに全身が悲鳴を上げだしていた・・・。

レビュー
アレックスに師弟関係を決別したり、火神と兄弟を辞めたいって言って見たり。
孤高の自分ってかっけーとか思ってないよね。
面倒な人っぽいな。

誰も反応できてない。
強引でもなんでもない基本のジャンプシュートだけど基本に忠実でスムーズすぎて反応できない。
そんなこともあるんだな。

今度はミラージュかよ。
いちいち名前をつけるのを何とかして欲しい。
しかし黒子の消えるのと同じじゃないのか?

手加減なしの火神と試合をして叩き潰したい・・・。
本気の火神と対戦したいってのはわかるけど叩き潰したいとか殺す気で来いって、バスケで殺すも何もないだろ。
氷室だけ振るうのバスケじゃないものをやってるのか?

木吉が3P?
これがイージスの盾を崩す鍵なの?
普段そんなにシュートをしてないしシュート率はそれほど高くないんじゃない?
結構博打みたいなことをするな。

木吉のシュートが入ったことで流れが変わった。
そもそもこの大会で陽泉は20点以上も取られてことないんだろ。
少ない選手でよくやるわ。

木吉、陽泉の試合で最後にするつもりか?
そもそも怪我が完治してなくてこの大会で最後にするつもりって言ってたけど。
あの動きだとこの試合で終わりそう。
となると勝ててもその先は難しいだろうな。

ようやく紫原がゴール下から動くのか?
演出がもう化け物というか巨人兵が動いてる感じになってる(;^ω^)
ヤバそうな雰囲気出しすぎだろ。
これ、ピンチだけど逆にチャンスでもあるんだろうな。

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック