黒子のバスケ 第45Q 「軽いものなはずないだろう」

あらすじ
ウインターカップ二回戦、対中宮南戦。誠凛はリコの采配により黒子・火神を除いたメンバーで挑むも、本調子が出ず思わぬ苦戦を強いられる。
しかし「日本一になる」という強い想いでなんとか勝利を収める。
一方『キセキの世代』紫原を擁する陽泉高校は、前代未聞の連続無失点勝利を飾っていた。
その他、海常・秀徳・洛山といった優勝候補もそれぞれ順調にコマを進める。
そしてついに準々決勝、誠凛VS陽泉戦が始まる!

レビュー
中宮南ってキセキの世代の居ない学校だから楽勝かと思ったら苦戦してる。
青峰の居る学校に勝ったら気が抜けたのか?
キセキの世代が居なくても全国大会だから相手も強いだろ。
気を抜いてる場合じゃないと思うが。

状況が分かってるのに今の状況。
思いと体は繋がってなかったのね。
結果、気合を入れるために闘魂注入www
手形がつくほどのビンタってどんだけよ。

試合に出てない火神と黒子まで叩かれたのか。
ベンチウォーマーの皆も。
まあ一蓮托生だからしょうがないよね。

二回戦、三回戦はとりあえずクリアか。
キセキの世代の居ないチームとの試合は展開が速いよ。

一人だけふけ顔のおっさんが居ると思ったら、キャプテンだったwww
外見に似合わず皆にからかわれるポジなのね。
キャプテンだからいじめとも違うし、それでチームが上手く言ってる習い隠者ね?

全国大会なのに0スコアって、相手チームの心が折れるには十分なスコアだな。
攻撃型と防御型。
対極のチーム同士の試合。

10本中7本。
7割決められるのか。
なかなかのシュート率だ。
青峰いわく、赤司が指示したパスに特化したスタイルのせいでシュートが人並み以下。
パスに特化してても普通はそれなりに出来そうな気がするけどな。
シュート練習をさせなかったからとかか?
普通だったら自主練でやりそうだけど、黒子だからなー。
全くやらなかったことも考えられる。

陽泉は紫原以外の選手も背が高いな。
ガタイが良すぎだわ。
だからこそスタイルが防御スタイルなんだろうけど。

最初から高さが全然違うんだけど(;´Д`)
火神いわくウィング、リーチの長さも尋常じゃない。
本当に日本人か?

紫原対策がうまく行ってない。
まあ実際に試合にならないと分からないことってあるからな。

点を取るには3Pライン外からは全くダメってことは、レイアップとかダンクじゃないとダメってこと?
そのためには3Pライン内に入らなきゃならないけど当然紫原が居るわけだし。
これまで対戦相手が点を取れなかったのも分からなくも無いな。

迷走中の感想日記TOPへ





黒子のバスケ(27) [ 藤巻忠俊 ]
楽天ブックス
ジャンプコミックス 藤巻忠俊 集英社【秋のスーパー読書2014】 発行年月:2014年05月 ページ


楽天市場 by 黒子のバスケ(27) [ 藤巻忠俊 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック