黒子のバスケ 第41Q 「今勝つんだ」

あらすじ
今吉のマークによって黒子の動きが封じられたうえに、桃井のデータと予測を採り入れたディフェンスで誠凛の攻撃を完封する桐皇。
青峰も、覚醒した火神以上の力を発揮し、格の違いを見せ付ける。
徐々に開いていく点差。効果をなくしたミスディレクション・・・。
万策尽きたかに見えたそのとき、黒子は最後の切り札、『ミスディレクション・オーバーフロー』を発動させる!

レビュー
ミズディレクション対策。
黒子を見るんじゃなくってパスをする相手を見るって今後他の学校も対策して来そうだな。
まあ試合中にすぐに気づいたのは桃井の功績なんだけど。

第3Qになったら桐皇が圧倒的になってきた。
対策を打たれたこれってことは、本当の実力がこれってことか。
となると誠凜は相手が対策してくる前に圧倒的な点差をつけるなりなんなりしなきゃならないってことね。

ミスディレクション・オーバーフローwww
また変な名前の技。
なんでこいつらこういう技名を考えるのが好きなんだよ。

今度は伊月が消えたぞ。
みんなの視線が黒子にも行くようになってその分注意力が散漫になったってことか?
でもそうなると黒子はみんなの視線に入るように動き続けなければならないんじゃね?
・・・大体予想通りだった。
桐皇の視線を集めてみんなへの視線を外す。
まあ、ミスディレクションの効果がの時点でそれしかないからな。

青峰も疲れてるのか?
作戦を聞いてなかったって。
練習不足からのスタミナ切れ?

こういうのってなんで敵側も技名を知ってるんだよ。
誰も叫びながら技出してるわけでもないのに。

集中しすぎて話を聞いてなかったのかよ。
スタミナ切れなら誠凜にも勝ち目があるのに集中力が増してるって逆にヤバイじゃないですか。
勝ちたいって思いだけでは勝てない。
点差が縮んだときはいけるかと思ったけど、誠凜負けムードがなかなか払拭されない。
そろそろ持てるもの全てをさらしてるからこの後驚く展開はありえそうにないし。
他のキセキの世代とやる前に終わるのか?

迷走中の感想日記TOPへ







黒子のバスケ 29 (ジャンプコミックス)
集英社
2014-10-03
藤巻 忠俊


Amazonアソシエイト by 黒子のバスケ 29 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック