ハピネスチャージプリキュア! 第23話 「超キンチョー!いおなとひめ、はじめてのおつかい!」

あらすじ
強烈な威圧感でラブリーたちに襲い掛かるクイーン・ミラージュ.
ブルーに助けられ、なんとか大使館へ戻ってきためぐみは、あらためていおなにハピネスチャージプリキュアとして一緒に活動しようと誘うのだが…。
気まずいムードを払拭するため、まずはホームパーティーを開くことを提案するリボン。
買い出し担当は、ひめ&リボンといおな&ぐらさん。
これをきっかけに、いおなとひめの距離が少しずつ縮まっていく。

レビュー
ぴかりが丘はミラージュでも特別なのかな?
ファントムが勝手に行動してることに対して腹を立ててるみたいだし。

今回の挨拶はキュアブルームなり。
スプラッシュは二人しかいないから出揃ってしまった・・・
しかしこうやって見ると今のプリキュアってハイライトとかすごく簡単なんだよな。
記念メッセージは気合が入ってるせいもあるけど昔の作品の方が花があるように見える。
作画としては大変だけど、やっぱり花があるキャラデザがいいよ。
次回のキャラデザに期待。

全ての元凶のブルーが来ましたよ。
ファントムもブルーのことを知ってるみたいだし、ミラージュだけじゃなくファントムも知り合いみたいだな。
兄弟とかか?

めぐみが愛を語る逆効果に見える。
ミラージュはブルーに裏切られたのに、そのブルーの近くに愛を語るやつが居る。
元カレの周りにまた新しい女かよっていう風に感じるのは腐った大人ですかね?

ここでやりあうかと思ったら戦略的撤退でしたwww

ひめのフルネーム長い。
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードに似たものを感じるわ。
フルネームを呼ぶ当たり、まだ距離感を感じるな。
この距離感が縮まらない限りチームを組むのは無理そうだ。

荷物もち・・・。
ひめ、貫禄はないけど一国の王女なんだぞ。
随分な扱いだ。

距離感を図りかねてるひめがやけに可愛いんだけど。
リボンを盾にしても意味ないのに何をやってるんだか。

いおなはシスコンをこじらせすぎてるようにしか見えない。
どんだけ姉スキーなんだよ。
まあだからこそ自分を守って犠牲になったのが受け止められなかったんだろうけど。

いおな、性格違わない?
いや、元々こういう性格なのか。
貧乏性というかなんというか。
苦労してるんですね。
ひめは値段を気にしないブルジョア体質で、いおなは安さに厳しい庶民体質。
どこまで合わないんだよ。

ケ、ケチと節約は違うんですよね(;^ω^)
中学生にして節約家。
主婦の鑑や。

お菓子が食べたいひめと余計なものは買わないいおな。
子供の駄々に怒るおかんかよ。

アクシアをあけたのはただの好奇心じゃなかったんだな。
中からの声はミラージュかな?
それともまた違う者?
アクシアが災厄だけを封じ込めてるわけじゃないってことを示してるのかな?

何度も言おうとしたけど話を聞かなかったのはいおな。
ひめにも悪いところはあったけどいおなにも悪いところがあった。
きちんと反省回があるあたり、子供の教育アニメだわ。
ひめも謝ることが出来る子になったし、成長しまくりだな。

キュアプリンセスの登場が心強いと思ったのは今回が初めてかもしれない・・・。
名乗りがちょっと格好良かったぞ。

フォーチュンにも衣装替え技があった。
いや、いつかはあるかと思ったけどさ。
あくまで技だけで踊ったりはしないのかと思ってた。

全部終わった後でラブリーとハニーが来た。
ポーズをとってる姿がシュールすぎるわ。

アクシアを開けたときのことから、ひめといおなとの和解からの名前呼び。
一気に話が進んだな。
ようやくプリキュア同士のぎすぎすした関係も終わる。
そういう展開は求めてなかったからここまでが長かったわ。

後はブルーとミラージュ、ファントムとの関係か。
恋愛方向の話はどうでもいいので 。⌒ ヽ(´ー` )ポイで。

迷走中の感想日記TOPへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック