ガンダムビルドファイターズ 第20話 「裏切りのアイラ」

あらすじ
世界大会、決勝トーナメントの戦いは、激しさを増していく。
ベスト4進出をかけ、イタリアの伊達男、リカルド・フェリーニが出陣。
その対戦相手は、チーム【ネメシス】のトップファイターであり、前大会優勝者、カルロス・カイザーを破った少女、アイラ・ユルキアイネンだ。
予選から無敗神話を続けるアイラのキュベレイパピヨンに、フェリーニの愛機、ウィングガンダムフェニーチェは、豊富な戦闘経験とスピードを活かして奮戦する。
「負けるわけにはいかない。あいつらが待っている!」
……バトルが続く中、ニルスに頼まれた用事のせいで、会場入りが遅れたセイとレイジは、そこで、予想だにしない状況を目撃する――!

レビュー
アランが開発中の機体を呼び寄せた。
ってことはユウキの機体が変わるのか。
かなりボロボロになってたし、決勝でくるであろうセイたちの対策でもあるのかな?

セイたちがベスト4になったら会長が発狂してるwww
秘書さんがどんどんお茶目になってるのも気になるところ。
最終回にはどうなってるんだろうな。

ニルスが粒子のことを全く諦めてなかったwww
催眠術で引き出そうって論理的なニルスらしくないんだけど。
何が何でも情報が欲しいんだろうけど、なんかこう空回ってる。

マオまで来た。
騒がしすぎだろ、この部屋。
隣の部屋?のリカルドの集中を切らすために来たとしか思えないわ。

セイは何してるんだ?
ガンダム劇場?
アムロのセリフと演技を延々続けて9話まで来た。
3歳児の記憶がこれって。
英才教育すぎるだろ。
なんというかニルス、無駄骨でしたねwww

なぜにインタビューがチナ?
ママンが気合入れてたのはなんだったんだ?

今回は雪山ステージか。
双方かも無く不可も無く?

試合中に考え事って、さすがにリカルド相手に油断しすぎ。
これは苦戦フラグなのかな?

スポンサーの爺が一番の敵だった件。
まださほど劣勢になってないのにプレイヤーを無視した事をして。
その理由が宣伝ではなく孫のため。
Cと同じで外野が邪魔しすぎてウザすぎるわ。

アイラが着てたあの変な服。
意味があったんだな。
しかしヘルメットの刺は意味が無い気がする(;´Д`)

なんかの出力を上げるとか言ってたけど、何の意味があるんだ?
反射速度が上がってるとかなのかな?
リカルドいわく、動きが読まれてる。
ちょっとした動きから読んですぐに反応してるとか?

自爆って(;´Д`)
どこのヒイロさんですか。
男の花道でもなんでもないわ。

真剣勝負にキララがドヤ顔で説得してる。
まあ自爆が男の花道とか言ってるから一括したかったんだろうけどさ。
何試合を邪魔してるんだよ。
結局自爆はやめたんだ。
やっぱり自爆したらフェニーチェは修理不可能になるのかな?

出力の上げすぎで意識がって、アイラを人間扱いしなかった結末かよ。
無意識の攻撃がアレって怖すぎるんだけど。
潜在能力が高いのが選ばれた理由なんだろうけど、恐ろしい才能だな。

レイジが乱入してる。
いいのかよ。
そもそもそんなに簡単に乱入できるってのが問題な気が。
システムに問題ありなんじゃね?

レイジのビギニングがバラバラ。
素組みとはいえ何も出来ずにってキュベレイとアイラが圧倒的ってことなのか。

最悪の形で身バレしたんだけど。
これならさっさと言っておいたほうが良かった。
もう何もかもが遅いけどね。

迷走中の感想日記TOPへ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック