ガンダムビルドファイターズ 第14話 「暗号名(コードネーム)C」

あらすじ
世界大会は第6ピリオドまで消化され、残り2つのピリオドを残すのみとなった。
セイとレイジは順調にポイントを稼ぎ、上位グループに食い込んでいる。そして、迎えた第7ピリオド。
発表された試合内容は『ガンプラRACE』ーー会場内に作られた特設コースを3周し、その順位を競う、文字通りのスピード・レースであった。
セイとレイジのスタービルドストライクは、ディスチャージシステムを使い、驚異的なスタートダッシュを見せる。
レースは、セイたちの先行逃げきりで終わると思われたが、この特設コースには、PPSE会長マシタの秘書、ベイカーによる、大いなる罠が仕掛けられていた。
スタービルドストライクに危険が迫る!

レビュー
アイラは能力があるからこそ雇われて。
ストリートチルドレンか何かだったのかな?
自分と当たったら負けるのにって随分と強気だな。
自分が負けるってことは考えたことが無いというかありえないのか?

この回から新OP。
前のOPの方が良く見えるのは慣れの問題だからしょうがないかな。

ガンプラ使って何やってるんだよ。
射撃に玉入れ、チームバトルかな?
チームバトルなんて自分が強くても勝てないし、幅広く出来るようになれってことですか?

今まで負けなしが結構たくさん居るな。
というか今までに出会った人たちがほとんど無敗でした。
偶然にしても恐ろしい出会いだ(;´Д`)
同じように無敗ってセイたちもなかなか頑張ってる。
このままなら決勝にいけるけど、そう簡単にはいけないのは目に見えてるんだよなー。

ただのレースじゃないとは思ってたけど、攻撃ありのサバイバルレースだった。
勝つためにはなぎ払えってことですか?
ただ早いだけじゃなく攻撃もそれなりに考えなきゃダメってことですね。
1位は4Pで2位以下は0Pだから1位を取る以外ありえないのか。

ラルさん35歳!
結構衝撃な発言だったんだけど。
53歳の間違いじゃね?

海の中に何か居る。
試合中に直接妨害ってさすがにどうかと思うんだけど。
これなら前の野球勝負のような妨害のがよかったわ。
いくらなんでもこの妨害の仕方は酷すぎる。

どんどん抜かされてるし。
これは勝利が難しくなってきたな。

ラルさん大活躍!
試合の解説以外のところで活躍するって珍しい。
分かってたけどラルさんは熱い人だな。

この差は致命的すぎる。
他の選手が止まってるならまだしも、同じように走ってるんだし厳しいな。
ディスチャージが56秒間しかもたない。
こうなると時間との戦いだな。
ディスチャージ中にゴールできればセイたちの勝ち。
切れれば負け。

結果は2位か。
で、現在17位。
こうなると自分はミスをしないようにして上位陣の誰かがミスをするのを願うしかないことになっちゃった。
1回の勝負で大きく差が付いたな。

OPが変わったからEDも変わるとは思ったけど、ストーリー展開無視の明るい音楽で吹いたwww
空気読め。
そうじゃなくてもなんか微妙な歌なのに。

迷走中の感想日記TOPへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック