黒執事 Book of Circus 第9話 「その執事、従容」

あらすじ
サーカス団員たちの襲撃を迎え討つファントムハイヴ家使用人たち。
セバスチャンとシエルが選んだ彼らはファントムハイヴ家の秘密と誇りを守る私兵だった。
その事実を知って絶望するジョーカー。彼らが抱えていたものとは…。
そしてシエルが下す決断は…?

レビュー
男爵、本当に死んだの?
あっさりすぎて逆に何かあるんじゃないかって思っちゃうんだけど(;´Д`)

ようやくバルドの出番か。
のんびり話してるときに攻撃をくらってるwww
当然攻撃するよな。

フィニたちも来ちゃった。
これはビーストたちもヤバイな。

フィニの楽しそうな声を聞いてるとそれはそれでホラーだな。
黙って攻撃してくるメイリンの方がまだましにましに見える。
硝煙のにおいのする厨房。
じつにファントムハイヴ家らしいわ。

ダガーとビーストが死んだ。
後はドールだけ?
ドールだけでも助かってほしいな。
望みはきっと薄いんだろうけど。

義肢を作ってた先生。
これも男爵と同じようにすでに狂ってる。
いや、この人は元々狂ってたのか?

完璧の義肢を求めて子供の骨を使う。
そこに行き着いただけでもうおかしいわ。
たとえ表立って罪を犯して無くても、犯罪を犯してるのと同じ。
天罰を下すべきだろ。
本当反吐が出る。

シエルのトラウマに触れたら女王陛下の命令も無視して全て灰ですか。
まあ、子供たちはすでに全員死んでましたですむことだけどさ。
子供たちの意思もなかったし、もう戻らなかったのかな。
だとすると生きてるとは言えない。
殺してあげるのも優しさなのかもしれない。

迷走中の感想日記TOPへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック