黒執事 Book of Circus 第7話 「その執事、撫養」

あらすじ
“お父様”と面会するジョーカー。
タウンハウスに戻り、ソーマ&アグニの強い勧めでシエルを療養させるセバスチャン。
セバスチャンの看病で回復したシエル。動き出すサーカス団員たち。
それぞれの想いを胸に、全てが動き始める。

レビュー
お父様、実在してたんだな。
ジョーカーが嘘を言ってたとも思えなかったけど、すでに死んでる人間の意志を勝手に汲んで行動してるパターンも考えてたからな。

包帯巻いてるんだけど、お父様は怪我人か。
何かの事故で精神おかしくなってるのかな?
シエルに対して異常な執着を持ってるみたいでなんか不気味。

ジョーカーたちが生きることができたのはお父様のおかげ。
だから口答えも出来ないのか。
子供を保護したりする善人かと思いきや、保護するつもりで何か裏があったのかな?
保護した子供を売買してるとか、臓器移植ドナーにしてるとか?

優しいセバスチャンって気持ち悪い。
ソーマに言われて看病ってのを見直したのかもしれないけど、普段のセバスチャンを見てると裏があるようにしか見えない。
上げて下げるのがセバスチャンだからな。
ただ優しくするなんてありえない。

さっさと事件を解決しても家に帰ればエリザベスが居るのか。
終わっても疲れる展開だな。

案内するのはジョーカーの役なのか。
スマイル=ファントムハイヴ伯爵ってのももう隠す必要もない。

暗いし不気味な家だな。
家全体が暗いせいで陰鬱な感じする。

思ったよりもケルヴィン男爵が陽気な。
シエルに会えてハイになってるのか?
しゃべり方が幼いというか、なにか違和感。
精神が病んでるのかな?

え?血?
人型のロボットかと思ったら、演目の子供は本物の子供なの?
洗脳か何かされてるのか感情どころか自分の意思を持ってないんじゃね?
だから命令通りに動く。
それが死ぬようなことであっても。
それを見て喜んでるのは男爵だけ。
なんて異常な演目なんだ。

連れ去った子供の感情を失わせて死ぬような演目をやらせて喜ぶ。
こんなのでシエルが喜ぶと思ってる時点でまた異常。
すでに人道から外れてる。
最初からなのか、何かがあったからなのか。

あの時あの場所に居なかったことを後悔?
過去にシエルと会った事があるのか。

なんだ?この広間。
どうやらシエルが生贄にされてた場所の再現か。
なんて悪趣味な。
やっぱりこの人精神がおかしくなってるな。
これ以上見てるのもつらいからさっさと何とかしてください。

迷走中の感想日記TOPへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック