ノラガミ 第12話 (終) 「一片(ひとひら)の記憶」

あらすじ
「かけがえのない大切な仲間を取り戻すため・・・」
「かつて見た禍津神・夜トともう一度戦うため・・・」
夜トと蠃蚌(らぼう)は再び剣を交える――!!

レビュー
ひより、付いてきちゃった。
記憶は失ったままなのね。
半妖になったら思い出すかと思ったら、そんなことはないのね。
むしろ野良に狙われて危険な気が。

久々にアクション全開な話数になりそうだな。
弱いってあんたwww
こうやって強いやつと戦いたいだけってのが一番たちが悪い気がする。
いつまでも昔と同じな分けないのに、昔と同じことを求めて。

水牢は外から出してもらえば脱出できるのか。
ひより、お手柄すぎる。

夜トが今の夜トになったのはひよりだけのおかげではないのに。
まあラボウからすればひよりのせいで昔の夜トになれないとみてるからしょうがないけど。
これで狙われて、ひよりも大変だな。

ひよりの記憶玉が。
割れたってことは二度と記憶は戻らないのか。
戻らないどころかひよりが意識を失った。
植物人間になるの?

切れちゃった。
切れた夜ト、強い。
これラボウよりも強いんじゃない?
しかしラボウの思い通りにことが進んでるのが気に入らないな。
昔の強い夜トと戦いたい。
そのために何をやってもかまわない。
その犠牲がひよりだったら対価が大きすぎるわ。

目が覚めたら、知り合いがいきなり抱きついて頬ずりしました。
うん、痴漢ですね。
夜トが間に合っただけじゃなく、ひよりの記憶まで戻るとは。
これはグッドエンドを期待していいんだよね。

知らないものより知ってるものに終止符をつけて欲しい。
そんな自分勝手な理由で巻き込まれる夜トが一番可哀想だよ。
勝手に死んで行けって言いたいわ。

野良は健在なんだ。
とと様?
野良の父親って誰だよ。
真のラスボスなの?

夜トの匂い最強説。
今後も記憶を消されても夜トの匂いで思い出せそうだな。

速攻断ったwww
ひよりならそう言うと思ってたよ。
縁を切れっていわれてあっさり切るような子じゃないのなんて分かりきってることじゃん。
おせっかいでいい子で。
本当、いいヒロインだ。

小福ってこういう話が好きだな。
滅茶苦茶食いついてる。
縁を切るで嫌です。
これからも一緒に居たいから。
告白ですよ。
プロポーズですよ。
小福も大喜びですよ。
そして夜トのいい笑顔で締めるのね。

総評
毘沙門の話は全く片付いてないけど、一区切り。
そういえば風穴も開いたままだったな。
あれも放置だwww
でも終わった感があるんだよな。
毘沙門は襲ってくるけど悪ではない。
明確な悪といえるラボウが倒されることで終わったからすっきりしてると思う。

当たりの方のボンズだったのか、作画は綺麗だったし、戦闘シーンも安定してた。
これがどの作品でも続けられれば・・・。
原作もまだ続いてるみたいだし、売り上げがよければ2期が出来そうだけどどうなのかな。
毘沙門とのガチバトルが見てみたいんだけどな。

なにはともあれ、スタッフ、キャストの皆様、お疲れ様でした。

迷走中の感想日記TOPへ




ノラガミ(11) (講談社コミックス月刊マガジン)
講談社
2014-07-17
あだち とか


Amazonアソシエイト by ノラガミ(11) (講談社コミックス月刊マガジン) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック