ノラガミ 第10話 「忌むべき者」

あらすじ
年末年始を迎え初詣に出かけたひよりは野良と遭遇してしまう。
不敵に笑う野良は面を付けた妖を使い、ひよりを突然襲ってきて・・・

レビュー
あれ?
雪音は小福の家に居るのか。
ひよりの家からは離れたんだな。
禊のおかげですっかり丸くなったな。

ひよりと夜トは完全に雪音の親だな。
同い年くらいの子と同じように勉強がしたい。
手の届かない憧れは捨てたのか。
年が近い神器に出会えればいいのに。

500万!!!
2回分で1000万。
恐ろしい金額だ。
素人だからすぐに稼げるって、何をさせて稼がせるつもりなんですか?

学割が聞いて100万。
かなり安くなったとはいえ学生には高いな。
夜トたちを助けたのに掛かったお金なのにひよりが全額負担?
夜トも払えって言いたいところだけど、貧乏だから無理か。

天神様にお礼周り。
のはずなのに、なんか空気が微妙。
挑発にホイホイ乗りすぎだよ。

天神様の神器の一人が感染されて破門か。
元々そういう規則の契約だからしょうがないんだろうし、その辺の分別ははっきりとしてるな。
波紋にしても禊をして名前を消すという野良にならないように配慮。
さすがすぎる。

ひよりの体質を治す気はあるのか。
すっかり忘れられてるのかと思ったわ。
夜トたちに近すぎる。
確かに本来なら接点のない存在との関わりだからな。
ただひよりが黙って離れるとはとても思えないってとこか。

大黒も雪音にはやさしいけど夜トには厳しいな。
というかみんな夜トに厳しすぎるんだよ。
たまに夜トが可哀想になってくる。

夜トたちよりも犬の方がいい暮らしをしてる件www
犬の癖に床暖房とか。
気が付いたら夜ト達が住み着いてそうだな。

ちょっ、気合をいれて振袖をきてるのはひよりだけとか。
いじめかよ。
そんなつもりは全く無いんだろうけど。

ひより、また体と離れてる。
なんかしょっちゅう離れてるけど大丈夫なのかな?
いつか戻れなくなりそう。
一番の問題は本体を置いてきぼりにしてることなんだけどね。

夜トが妖とバトルしてるんだけど・・・。
ひよりが追いかけてったのは誰なんだよ。

野良?
野良が夜トの格好をしておびき出したの?
ひよりが邪魔だとしても殺すのを止めてたし。
何が目的なんだ?

ラボウ?
噂に出てた神か妖か。
人の願いがあれば何でも斬る。
ラボウ自身に善悪の区別はない。
願いをかなえるだけの存在なんだろうな。

あれ?
あなた誰ですかって、夜ト達のことを忘れたの?
野良が利用できるって言ったのはこのこと?
でも夜トたちのことを忘れることが夜トたちにどの程度影響するんだ?
元々人には見えない存在なんだし。
ひよりの中から夜トたちを消したのはもっと大きなことをやる序章?

迷走中の感想日記TOPへ




ノラガミ(7) (講談社コミックス月刊マガジン)
講談社
2013-06-17
あだち とか


Amazonアソシエイト by ノラガミ(7) (講談社コミックス月刊マガジン) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック