ノラガミ 第9話 「名前」

あらすじ
雪音が悪事を積み重ねたことにより、夜トはヤスミに冒されてしまい危険な状態に陥っていた。
夜トを助けるためには、神器である雪音を“禊”にかけて、犯した罪を懺悔させなければならない。
そのためには3人の神器が必要なのだが・・・

レビュー
ひよりだけ結界内に入れることもできるのか。
しかもひよりのヤスミはすぐにでも清めることはできる。
まあ移っただけで中からのヤスミじゃないからな。

禊には三人の神器が必要。
当然雪音はカウントできないから他を連れてこなきゃならないのか。
失敗すると死ぬって、リスクが高いな。
簡単に手伝うって言えないのが辛い。

ひよりの本体は学校においたまま。
いつでも放置だけど大丈夫なのかね。

誰もが雪音を斬れって思ってるのにそれをしないのはやっぱり夜トの優しさなんだろうな。
協力者の一人は夜トの元神器のマユ。
夜トの元から離れたけどきちんと手を貸してくれるいい人だな。

問題はもう一人か。
毘沙門に手を貸してとも言えないし。
近所の神様もアウト。
朝までもたないからって手当たり次第に頭を下げてくれる大黒さんいい人だ。

毘沙門のところに行くの?
ひよりの行動は豪胆というかなんと言うか。
カズマに関わるなって言われてるのに。

小福がカワユス。
攻撃力のないパンチされてるけど、大黒も頑張ったんだよ。

カズマさん、来てくれた。
毘沙門の部下だけど義理を果たしてくれるいい人だ。
会議のときに一度は断ったのは毘沙門がいたからかな?

雪音の背中に妖が付いてる。
これが夜トも侵食してるものか。
雪音には痛みがなかったって子とは、痛みは全て夜トに来てるってことかな。
だからこそここまで酷くなってることに気づかなかった。
気づかなかったとはいえ雪音の罪は罪だな。

禊って、滝に打たれるとか水で浄化系かと思ったらなんか違うんだな。
罪を認めることで浄化できることで、境界線を使うのは暴れて危険なのと逃げ出さないためかな?

自分は悪くない。
悪いのは周りって雪音って何歳で死んだんだよ。
幼すぎる。
死んで自分の未来がなくなったことで自己中心の思考が加速したとか?

夜トは雪音の父ポジですか。
兄貴だと思ったら。
雪音は気づいてないけど、確かに夜トはいつでも雪音を気に掛けてはいたんだよな。
言葉を選ばないから雪音には反発されまくってたけど。

ごめんなさい。
ようやくこの一言が言えた。
悪いことをしてそれを認める勇気。
簡単なようで難しい。
雪音のような微妙な年頃ならなおさら。
みなの前で全ての罪を暴露って結構恥ずかしいな。
窃盗ならまだしもひよりに触ろうとしたってそれも罪なのか。

ヤスミになってた夜トと雪音がボロボロなのは当然だけど、三人ともボロボロやな。
とりあえず誰も掛けることなく終わってよかったわ。
みんなの笑顔が眩しすぎるwww

今回の功労賞はひよりか。
偶然の出会いだったけど夜トはひよりに出会えたことは幸運なんじゃね?

迷走中の感想日記TOPへ




ノラガミ(8) (講談社コミックス月刊マガジン)
講談社
2013-10-17
あだち とか


Amazonアソシエイト by ノラガミ(8) (講談社コミックス月刊マガジン) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック