ノラガミ 第5話 「境界線」

あらすじ
神器としての能力を発揮し始めた雪音。
ひよりは夜トは保護者失格だとして、雪音を自分の家で預かることにする。
久々の人間らしい生活に、 自分と生きている人間の違いを感じる雪音。
ひよりと買い物に出かけた際に、ふとスケボーを棚から借りて乗り回すが「泥棒と一緒だ」と たしなめられてしまう。

レビュー
何?
雪音ってすごいの?
天才肌系?

野宿と屋根付き。
しかも女の子の家となればどちらを選ぶかは明白じゃないですか。

ひよりの家、でかいな。
お嬢様なの?
両親は居ないけど誰か居る。
お手伝いさん?
マジか。

お手伝いさんには見えてないっぽい。
雪音って普通の人には見えないんだな。
神器になったから見えるようになったかと思ったらそうでもないのね。
見えるひよりがいつもいるから見えないとは思わなかった。

夜ト、何してるの?
一人野宿が嫌で来たの?

神社で寝泊りするにも意味があったのね。
闇が活動する時間だからこそ神社。
雪音が闇を怖がるのは生前の出来事のせいなんだろうけど、出てくるカットを見た限りじゃあそんな風になるとも思えないんだけどな。

無自覚にいたいけな少年を誘惑するな。
雪音はエロガキだぞ。
ひよりとしては弟感覚なのかな?

どこかで誰かがバトルってる。
銃の神器か。
武器は色々な形態があるんだな。
しかし、この人は日本の神?
なんかかっけーねーさんだったけど。

ひよりはまっすぐだな。
ちょっとしたことでも曲がったことが嫌いなのかね。
ちょっと注意されたら怒られたって、なかなか難しいお年頃だな。

精神相互じゃないく、一方通行の痛みか。
ってことは雪音の感情は駄々漏れで夜トの感情は伝わらないってなんか不公平な気がする。
それが神器としてのシステムだといわれればしょうがないけどさ。

あきらかに自縛霊っぽいのがいる。
こういうのって目が合うと懐かれちゃうんだよな。
雪音も懐かれて。

善悪は人が作った。
神に善悪はないから何をやってもいい。
・・・夜トは禁止事項を作ったほうがいいと思うぞ。
自由となると危険な気がして。

でっかい落し物って一番大事何落としてるじゃん。
毎回自覚症状なしで落としてると大変すぎる。

女の子が悪霊化した。
一気にホラーになった。
妖に取り込まれたら戻らない。
倒すことしか魂の開放はないのか。
ってことは下手に感情移入しちゃうと辛い別れが待つってことね。
夜トも過去にそういったことを経験してるんだろうな。

迷走中の感想日記TOPへ




ノラガミ(11) (講談社コミックス月刊マガジン)
講談社
2014-07-17
あだち とか


Amazonアソシエイト by ノラガミ(11) (講談社コミックス月刊マガジン) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック