極黒のブリュンヒルデ 第7話  「希望のかけら」

あらすじ
1ヵ月分の鎮死剤しか無い村上は一縷の望みにかけて化学者の叔父・小五郎の元を訪れた。
鎮死剤のコピーを依頼するが通常半年から数年かかるという。
ただし有効成分が結晶性化合物であった場合1ヶ月で合成可能とのこと。
宇宙人の受精卵が入っているという容器の中身の解析を合わせて依頼し、村上は1日でわかるというコピー可否の結果を待つ…。

レビュー
小次郎には薬のコピーを依頼しに来たのね。
コピーが出来れば死に怯えなくて済む。
問題はすぐに出来るか否か。
半年で出来ればラッキー。
まあそうだよな。
幾ら現物があっても成分を判別するところからはじめなきゃならないわけだし。
結晶性化合物だったら1ヶ月で出来るのか。
それでもぎりぎりだな。
まあ、半年よりも希望はあるけど。

カズミ、学校では人気あるんだな。
ただししゃべるのは良太だけ。
確かにみんなの嫉妬を一身に受けてもしょうがないわ。

黒羽も孤高になってるかと思ったら、カラオケに誘われてる。
まらむけ?
どう聞いたらそういう単語になるのか分からないんだけど。

良太ってやっぱりバカだろ。
カズミ相手に話してるときと言い、相手が怒ることしか言えないのかよ。

うわ、純粋って恐ろしい。
クラスメイトが可哀想すぎる。
完全に相手になりませんわ宣言されて。
人前できっぱり言われるとへこむわ。

薬、複製を作るのに時間が掛かるのか。
残された薬は1か月分。
絶望的だな。
ほんの少しの希望が見えてたぶん余計と絶望感が大きいわ。

グラーネってなんだ?
魔法使い回収よりも優先事項なんて。
生死は問わないということは人物ではなく、ハーネストが必要なのか何かか?

小鳥は宇宙人を見たことあるのか。
佳奈も。
ハーネストに入ってるものとも違う。

AAAの上でSランク。
ヴァリュキュリアって呼ばれる存在って、またご大層な名前が付けられてるな。

魔法使いが絶望に慣れすぎてて。
最後には幸せになって欲しいけど、魔法使いの時点で不幸な結末しかないみたいだしなー。

生まれてきて一番楽しい。
なんか死亡フラグに聞こえるんだけど。
カズミ、気に入ってるから退場して欲しくないわー。

あの端末、なんだ?
魔女どもを殺せ、ならば真実を教える。
教えてくれるのが地図の場所としても変な話だ。
そもそも黒羽が受け取ったのって研究員か何かじゃないの?
受け取ったのが黒羽でも、書いてある文字は明らかに魔女に向けたものじゃない。
誰に当てた端末なのか不明だな。

迷走中の感想日記TOPへ





極黒のブリュンヒルデ 7 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2013-12-19
岡本 倫


Amazonアソシエイト by 極黒のブリュンヒルデ 7 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック