棺姫のチャイカ 第6話 「紅と白と 」

あらすじ
魔法師(ウィザード)のセルマと槍遣いのダヴィード、そして白いチャイカ。
トールとアカリ、そして紅いチャイカ。両者は夜明けの河原で対峙する。
そこに、棄獣(フェイラ)の一種・奇眼鳥(コカトリス)の群れが襲いかかる!
その最凶最悪の視線――神経に作用する猛毒の魔法――から命からがら逃れたトール達に、紅いチャイカは意外な言葉をかける。
「提案。考慮。主の乗り換え」

レビュー
面倒だから赤チャイカと一緒に旅をすればいいのに。
どうせ目的は父親の遺体集め。
どっちでもいいわ。

交換に狙ったかのようにコカトリスの襲撃。
いや、狙ってたんだろうけど。
この世界のコカトリスの能力ってなんだ?
石化なのかな?
生け捕りって石化したままでも生け捕りっていうのかな?
死んでるのと変わりないような気がするんだけど。

赤チャイカも接近戦タイプだからトールのパーティは近接戦闘員しかおらん。
戦闘に活躍がないチャイカよりもよっぽど役に立つな。
白の方は攻撃までに詠唱とかで逃げられやすいしあんまり戦闘に向いてないんだよな。
料理にも使えないし。
風呂を焚くくらい?

アルベリックの方のお偉いさんはアホばっかりか?
命令があればどんなに近くに居ても追いつめれないって辛い立場だ。

赤がトールを勧誘し始めたぞ。
白が居ない間に勧誘成功したら笑えるんだけど、ないんだろうなー。
白が云々の前にトールって一度交わした契約は最後まで執行しそうだし。
白に会う前に赤に会って契約してたら状況は変わってたんだろうけど。
まあ、運が悪かったと言うことで。

トール、迷ってるの?
そんな感じに見えないんだけど。
結局白についてくのか。
分かってたよ。
分かってたけどさ。
そうだ、赤も一緒に旅をすればいいじゃないか。
どうせハーレムみたいなのが形成されてるんだし。

??
アカリ????
キャラがちげーー。
フレドリカの変身か。
結構便利だな。

結構頻繁に赤くなってるけど、あれって体に負担が掛かるんじゃないの?
今回の最後の待ち伏せなんてそこまでするような戦闘じゃなかったように見えるんだけど。
戦闘で目くらましが多いな。
そんなに頻繁に目くらましを使われるなら、日常的にサングラスをしたほうがいいくらいだわ。

赤と別れちゃったけど、また再会できると信じてるよ。

迷走中の感想日記TOPへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック