キングダム2 第35話 「試練と覚悟」

あらすじ
連戦連敗を重ねる飛信隊(ひしんたい)に新たに軍師としてやってきたのは、なんと河了貂(かりょうてん)であった。
しかし、隊内の者から新参者の指示には従えないと拒絶されてしまう。
だが、そうなることを十分に理解していた貂はひるむ事なく彼らと向き合い、戦場にとどまる覚悟を語る。
信(しん)は貂の決意を真剣に受け止めながらも戦いへの口出しは認めなかった。
しかし、その後も状況は好転せず、ついに河了貂が指揮をとる。

レビュー
貂のことは皆しらないのか。
尾兵も知らなかったっけ?
貂が出てくるのが少なすぎてどうだったか覚えてないわ。

信は一度痛い目にあった方がいい。
周りも、本人すらも女だって言ってるのに全く認めずに、服を捲り上げるなんて。
今でも通報されるレベルだわ。
まあ一人称がオレってのを改めない貂も悪いけど。

過去回想の信。
貂のことを男だと思ってたんだろうけど、ひどいことをしてるな。
空気読めよ。

貂が来ても作戦を聞くこともなく、結局自分で指示してる。
5回、いや6回か?
も連敗しておいて全く学んでない。
また負けるのか。

結局全部貂の読みどおり。
魏国軍としても直情的な信の戦略なんて手に取るように分かるんだろうな。
信が指揮してる限り敵の手の上か。

信にとっては貂は弟分。
軍師になると言ってたけど、どの程度の才能があるのか知らない状態。
他の仲間なんて今後は突然軍師としてきた女の子の命令を聞け。
通常でもなかなか受け入れにくいのに、脳筋のやつらが多い飛信隊なんて特にダメだな。
で、初めての指揮。
これで失敗したら確実に貂の居場所がなくなる。
最初であり一番重要な指揮。
蒙毅いわく、昌平君にも認められてるみたいだから才能はあるんだろうな。
先に学び始めた蒙毅と互角って、蒙毅ももっと頑張れよ。
あっという間に先に行っちゃうんじゃね?

軍師ってどれだけ冷静に、兵士を駒として見れるかが重要。
無感情に淡々と作戦を練られる軍師が一番強いのか?
次回が貂の本領発揮か。
どう行動するのかね?

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック