極黒のブリュンヒルデ 第1話  「きみを待ちながら」

あらすじ
高校生の村上良太は、10年前に死んだクロネコという女の子の死を自分の責任だと深く感じ、自分なりの罪滅ぼしとして彼女の代わりに宇宙人の存在を証明すべく、NASAの研究員になるために天文部で1人活動をしていた。
そんなある日、クロネコにとても似ている少女・黒羽寧子がクラスに転入してくる。彼女は村上を知らないというが…。

レビュー
原作はコミック。
この作者の作品は個人的にはあんまり好きじゃないんだよな。
取り合えず見るけど。

クロネコって呼んでた幼馴染。
一緒に行動してるときに事故死したのか?
しかし、あの高さから落ちて無事だった主人公って。
むしろ二人とも死ぬレベルじゃない?
打ち所が悪かっただけか?

やっぱり人が死ぬような作品なんだな。
元s買うでは普通にエログロとかありそう。

本当に奇跡的に生きてたのか。
あれ、ダムだよな。
あの高さで落ちて奇跡も何もない気がする。
実はこの後の展開は全て主人公の夢とかじゃないよね(;´Д`)

クロネコ生きてるやん。
それとも妹とか?

( ゚Д゚)ポカーン
良太、それはセクハラなんてもんじゃないぞ。
せめてみんなの前じゃなく本人だけにコンタクトしろよ。
まあ、ひっぱたかれる結末は変わらないけど、みんなの白い目はないからな。

スタイルはいい。
だけど泳げない。
高校まで水泳の授業がなかったのかね。
しかし水着なら腋とか確認できるんじゃないの?
のんびり他のやつらの会話に突っ込みいれてる場合じゃないだろ。

最近はなくなった排水溝に足を取られてってやつか。
膝から入るもんなの?
見たことないから知らないけど。

プールサイドがいきなり凹んだ。
滅多に起こるもんじゃないから運が良かった?
いやいや、滅多にすら起きねーよwww

しかし寧子が言ってたのは今日死ぬのは二人。
一人は助かったけど、もう一人は誰だよ。

近くに天文台があるのか。
けっこういい望遠鏡が設置してあるけど、良太しか居ない。
部員が他にいないのはわかるけど、この天文台を管理してる人もいないのかな?
それとも良太にまかせっきり?

寧子、良太の後を付けてきたのか?
しかもよりによって、今日死ぬもう一人は良太とか言ってるんだけど。
学校で死人が出るかと思ったら、そうじゃないんだな。
確かに「今日この学校の生徒が二人死ぬこと」だったから学校とは言ってないな。
と思ったらwwwこの学校でってのは間違いだよね。
今良太がいるのは学校じゃないし。

最終バスに乗り遅れたら死亡フラグ?
いきなり殺人鬼が来るとかかな。
それともどこかで爆発とか火事が起きて巻き込まれるとか。

掛け算ができない高校生。
どうやって編入できたんだ?
コネで入った?
なんか目的があるってことか。
でも、コネで入ると後が大変じゃね?

腕相撲、瞬殺じゃないですか。
対して鍛えてないし筋肉もないのに瞬殺ってたしかに納得いかない。
なんか特殊な技術でもあるのか?

死んでもらうしかないって(;´Д`)
アマチュア無線で驚いたのが全て吹っ飛んだwww
目の前で死んでもらうしかないとかいう会話していて、このまま最終バスに乗り遅れてって。
結局乗り遅れるのは助かるのか死ぬのかどうなのかって言いたいわ。
幼馴染に似てるとはいえ初対面。
どこまで寧子が信じられるかで行動が決まるな。

死ぬって言われたのに帰ってるよ。
ただしバスには乗らずに。

土石流と落石のコンボでござるアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
寧子の言うことを確かめる=良太死亡じゃないか。
アホな確かめ方だな。
確かめた結果死んだらそれで終わりってことに気づいてなかったのか?
頭がいいとアホは紙一重過ぎる。

魔法使い(`・ω・´)とか言っておいて、手術と薬で作られた魔法ですか。
人はそれを人体改造もしくはドーピングというと思う。
良太じゃないけど、決して魔法じゃありませんwww

魔法使いとかよりも重要なのは腋のほくろ。
ガン見してるwww
腋フェチって言われても否定できないだろ。
クラスメイトにも公認だしな。


取り合えずいきなりグロ展開は回避されたか。
1話と見た限りとっつき易そうな感じだし、取り合えず視聴は継続。

迷走中の感想日記TOPへ





極黒のブリュンヒルデ 1 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2012-05-18
岡本 倫


Amazonアソシエイト by 極黒のブリュンヒルデ 1 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック