エスカ&ロジーのアトリエ 第一話 「ようこそアトリエへ!」

あらすじ
みなさんはじめまして!私の名前はエスカ・メーリエ。
今日からコルセイト支部の開発班で働くことになった錬金術士です!まだまだ半人前だけど、一生懸命頑張ります!
ところでそこにいる男の人はいったい誰だろう?――ええっ!?もう一人の錬金術士!?しかも中央から来たって、めちゃくちゃエリートじゃないですか!うう…うまくやっていけるかちょっぴり不安…。
でもでも、早速来たお仕事の依頼、力を合わせて頑張ります!

レビュー
これって、ゲームのアトリエシリーズの一つ?
1作目しかやったことないけど(;^ω^)
TVアニメになったのは初めてかな?
ゲームのアニメ化か。
これまた当たり外れが大きそうだけど、この作品はどうだろう。

なんか片言しゃべりというか、棒しゃべりというか。
このメイドみたいな人、人じゃなくってアンドロイドとかロボットとか?
ということは、この子はお嬢様育ちかな?

女の子二人が主人公かと思ったら、片方は男だった(;´Д`)
片や田舎の錬金術師、片や最新の技術を使った都会の錬金術師ってとこか。
しかし、最新のところに居た錬金術師がなんで田舎に?
就職難で田舎にしか就職できなかったとかそんな感じ?
リアリティがありすぎて嫌なんだけど・・・。

ロジーじゃないけど驚愕した。
確かにゲームでも色々なアイテムを作るけどさ。
釜でタルト。
アニメで見ると違和感が半端無いですwww
液体に謎の調合液とりんごを入れただけだしな。

開発班に来たのに頼まれた仕事は風車の修理!?
錬金術が関係ないように見えるのは気のせいだろうか。

作物が育たないと思われてる大地にリンゴ園って、中央は辺境であるコルセイトのことを全然把握してないんじゃね?

仕事でリンゴ園を訪れたのに、もう首になったって(;´Д`)
クローネはエスカのことをそういう風に判断してるのかよ。
さらっと酷いことを言ってますよ。

クローネはやっぱり機械人形なのね。
新人声優さんの棒読みとは違うからやっぱりな。
しかし、棒読みにするのも大変だな。

機械人形の割には自立した判断ができてるみたいだけど。
高性能なのか、蓄積された経験からなのか。
管理をしてるのはクローネだけど、リンゴ園をここまで大きくしたのは人々。
クローネの仕事って何?

素材を集めて錬金術。
まあ、この辺はアトリエシリーズ共通だから特に違和感はないな。
ただ、素材集めが簡単に進んだけど。
この作品の肝は錬金術じゃなくって、なんだろう?

錬金術が出来るだけでも中央ではありがたがられる。
なのになんで辺境?
就活難で辺境に来たわけじゃあなさそう。
となると、なんか問題を起こして中央に居られなくなったか、辺境に飛ばされたか。

ちーんってwww
やっぱり電子レンジみたいな音がしてるんだけど。
で、傷んだ車軸が治ってる。
あの大量の液体はどこに行ったんだ?
錬金釜が謎過ぎる。

最終目的は天空遺跡、ラピュタみたいなところに行くこと?
錬金術で飛行機でも作るんだろうか?

EDに出てきた女神みたいな存在はなんだ?
遺跡を守ってるの?

導入としては分かりやすかったな。
問題はここからどう話の展開を持っていくかだけど。
取り合えず視聴は継続だな。

迷走中の感想日記TOPへ







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック