棺姫のチャイカ 第2話 「怠け者の選択」

あらすじ
アバルト伯爵の魔の手を切り抜け、“あるモノ”を持ち出すことに成功した一行は、闇夜の中を逃走する。
町はずれまで辿りついた3人の前に立ちはだかったのは、戦後復興推進(クリーマン)機関に所属するヴィーマック王国の騎士(キャバリア)、アルベリック・ジレット率いるジレット隊だった。
チャイカを追っているという彼はトールにこう告げる。
「彼女に協力しても良いことなどない。むしろ世界中を敵にまわすことになるぞ」

レビュー
チャイカが魔王の娘?
八英雄として倒したとかいう皇帝の娘なのか。
父親の遺体回収ってことか。
誰かの手によって復活させられたと見ていいんだろうけど、問題は誰が復活させたってこと。
そのうちチャイカの後ろの人間が出てくるのかな?

盗みに来たと思ったら、これ強盗だわ。
まあ見つかった今、静かに探索しても意味ないからな。
荒らそうがなんだろうがさっさと見つけたほうがいいに決まってる。

あの銃。
攻撃だけじゃなく、探索、封印解除までできるんだな。
何でも出来る万能型ってやつ?

なんかこの領主を見てると八英雄ってのがうさんくさく見えてくる。
ユーベルブラットみたいに裏切りから英雄扱いされてる人たちじゃないよね。

なんだかんだ言ってアカリとトールが理解しあってる。
いきなり煙幕かよ。

今回のバトルはよく動くな。
前回も動かなかったわけじゃないけど、剣技ってのは動いてなんぼだな。

魔王さん、300年近くも生きてたのか。
しかも八英雄に殺されなければもっと長生きしてたと見ていい。
となるとチャイカって何歳?
外見年齢と年齢が違いそうだな。

あの兄ちゃん、色々と説明してくれたな。
チャイカが何者かで、あの遺体も。

平和な世の中だとニートでヒモなトール。
戦いでしか生きられないから戦乱を望む。
トールにとってはそっちの方がいいかもしれないけど、普通の市民にとってはトールみたいな戦争野郎は迷惑なんだよな。
いわゆるガウルンだからな。

チャイカ自身は父親を弔うために集めたいのか。
バラバラになってる状態だから集めたいっていうのも分からなくもないな。
ただ、魔王復活を恐れて阻止したいという組織もある。
ようやく倒した魔王を復活させたくないってのもこれまた分からなくもない。
結局対立する運命か。

迷走中の感想日記TOPへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック