キングダム2 第32話 「色あせぬ時代」

あらすじ
廉頗(れんぱ)に一騎打ちを挑んだ蒙ごう (もうごう)だったが、廉頗の圧倒的な武力の前にその矛は届かず、重傷を負わされてしまう。
駆けつけた信(しん)もそんな二人を前に息をのむ。
しかし、その後の廉頗の王騎(おうき)将軍を侮辱するような発言に、信はたまらず怒声を上げ、真っ向から立ち向かうのだった。
一方、魏国本陣には行方をくらませていた桓騎(かんき)軍が攻め込み、魏国総大将・白亀西(はくきさい)を捕えていた。

レビュー
王騎のことになると熱くなりすぎるな。
まあ、なんだかんだで尊敬するべき相手でもあるからしょうがないけどさ。

輪虎を討ち取ったことで周りからの知名度が一気に上がりそうだな。
一部でだったのがどこまで知られるようになるのかな?

やってみたいって、ここで死んだらどうするんだよ。
とりあえず一撃死は間逃れた。
けどどうみても勝てるどころか逃げることすら出来ないだろ。

信が持ってる剣は漂の剣だっけ?
受け流してるようにも見えないし、本来なら政の剣を影武者として漂が持ってたんだよね。
実は秦国の中でもかなりの名剣?

時代が変わるのを認められない廉頗。
現役で戦える人からすればまだまだ自分の時代だと思ってもしょうがない。

王騎の矛を受け継いだ者。
武勲をあげなくてもこれだけで知名度が上がるわwww

次の時代が来たと信に矛を託した王騎。
最期の言葉を聞いてようやく廉頗も認める気になったのか。

信たちが廉頗とやりあってる間に桓騎が本陣を落としてた。
総大将が白亀西だからモウゴウ将軍が死ななきゃ秦の勝ち。
死んだら負けはしなかったけど勝ちもしなかった。
ここまでの犠牲が全て無駄になるってことか。

しかし、満身創痍の中で介子坊と戦うの?
頭は悪そうだけど戦闘力は高い。
また犠牲が増えそうだな。

あれ?
撤退?
廉頗が退くとは思いもしなかったんだけど。
王騎の最期の言葉と総大将が討たれたことで退くことにしたの?
最後に大暴れがあるかと思ったけど、引き際は心得てるみだいだな。

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック