キングダム2 第31話 「蒙ごう、退(ひ)かず」

あらすじ
信(しん)と輪虎(りんこ)の一騎打ちは激戦の末、信が勝利した。
激闘を終えた信は、残してきた羌かい(きょうかい)の無事を確認すると、休む間もなく敵軍が迫る秦国本陣へと急ぐ。
その本陣には敵将・廉頗(れんぱ)が攻め込んで来ていた。
圧倒的な威圧感を放つ廉頗を前に兵士たちが恐怖で動けなくなる中、蒙ごう(もうごう)はただ一人、前へと進み出る。
そして40年間の熱き想いを武器に、蒙ごうは廉頗に一騎打ちを挑むのだった。

レビュー
とりあえず信は勝ったけど戦が終わったわけじゃないんだよな。
これで将軍が負けたら結果的には負け戦。
下っ端の戦いの一つに過ぎないってのが悲しいな。

モウゴウ将軍と廉頗将軍。
一騎打ちになったら廉頗に分があるのが目に見えてるからな。
部下達もそれが分かってる。
そもそも廉頗に一度も勝てたことがないからこその今回の作戦だったわけだし。

一騎打ちって(;´Д`)
やっぱり技術では廉頗に劣るんだな。
この展開は最初から分かってたことだけど。

将軍同士の一騎打ちで周りは皆観戦中www
解説まで始まっちゃったよ。
やっぱり手出しせずに見てるのが暗黙の了解ってやつなのか?

矛を折られて、モウゴウ将軍、かなり危険なんじゃね?
このまま逆転なんてビジョンがとてもじゃないけど見えないんだけど(;´Д`)

蒙毅が一撃って、廉頗将軍つえーー。
モウゴウ将軍が勝てないのはモウゴウが弱いのもあるんだろうけど蒙毅も一撃。
さすがにこれでは信も一撃コースだな。
こういう人はホウケンと戦って潰しあってくれた後で戦うのが一番効率がいいわ。
今更そんなことを言ってもしょうがないけど。

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック