ガールズ&パンツァー 第12話(終) 「あとには退けない戦いです!」

あらすじ
黒森峰のマウスの圧倒的な力に押される大洗女子。
だが、ここでマウスを倒さなくては、形勢の逆転はあり得ない。
カメさん(生徒会)チーム、アヒルさん(バレー部)チーム、そしてあんこうチームは捨て身の作戦で挑む。
果たして活路は開けるか。
大洗女子の命運は!?

レビュー
カモさんチームとカバさんチームがやられた。
そして未だにマウスは健在。
あの破壊力はやばすぎるわ。
そして装甲の厚さも。
機動力が悪いのが唯一の対抗策か?
逃げてばっかじゃどうにもならんけど、相手をするにも悪すぎる。
黒森峰との勝負にはマウス攻略が必須なの?

みほ、何を思いついたんだよ。
上に乗るの?
と思ったら、逆に下にもぐりこんだ。

八九式の小ささを利用して上に上がったけど、砲台の回転を止めたのか。
後ろのスリットって排気口かなにかか?
あのでか物を倒すとか。
最終回にあわせてわくわくする展開になって来たー。

ふらふら作戦?
市街地の障害を利用して分散させてるのか?

1年生チームも活躍してるwww
そしてそれ以上に活躍するバレー部チーム。
皆に活躍の場があってうれしいわ。

最後はフラッグ車同士の一騎打ち?
姉妹対決か。
それよりもポルシェティーガーの方が気になる。
まさか一騎打ちの舞台を作るために他の黒森峰と相手をするの?
弁慶かよ!

八九式がやられた。
そしてポルシェティーガーも。
やられたにしてもかっけーやられ方だな。
とにかく大洗に残されたのはフラッグ車のみ。
全てがこれで決まるのか。

相手の攻撃をかわして攻撃するしかないって、分かっててもうまく行かないだろ。
歩兵ならまだしも戦車でそんな機敏な動き出来るの?

あんこうチームの心強さと言ったら。
みほの無茶な要求にも文句も言わず受け入れるとか。
なんでこいつらこんなに格好いいんだよ。
信頼以上のなにかがあるのかと思うわ。

戦車でドリフトかました。
すげー、麻子の操縦技術の恐ろしさに感服するわ。
後ろに回り込んでの1撃。
相打ちかと思ったら、Ⅳ号は致命的ではなかったのか?
ティーガーだけが白旗。
大洗、優勝だ!

少なかった戦車道の仲間も終わってみれば随分と増えたな。
なんだかんだで皆活躍の場があったし。

桃ちゃん、泣きすぎや。
いや、嬉しいのもわかるけどさ。
他の生徒会の面々がそこまで泣いてないせいで、余計と目立つwww

姉ちゃん、感情をあまり顔に出さないだけでいいひとじゃね?
母親がみほの戦略について言ってたときも、庇ってたような発言も言ってたし。
もげてたみほもまほと和解できたみたいだし、さすが戦車道や。

総評
10.5話まで放送しておいて、3ヶ月待たされたこの作品。
ようやく最後まで視聴できた。
廃校間近の弱小高が存続をかけて優勝を狙う。
スポーツ物としても王道なんだけど、それが戦車。
どんなのかと思ってみれば、熱い展開だったな。

キャラ萌え作品に見えがちだけどメインは戦車。
やっぱり試合して何ぼですね。
曲者ぞろいの機体で勝ち抜くってのは王道ながらもやっぱり面白い。
オリジナルでこういう面白い作品はもっと増えて欲しいわ。
原作つきも悪くないけど、オリジナルの先の見えない展開には負ける。
最近のアニメの中でも上位に入る面白さでした。

なにはともあれ、スタッフ、キャストの皆様、お疲れ様でした。

迷走中の感想日記TOPへ







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック