ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル Case II 「ハード・ケース 」

あらすじ
小日向の「正当防衛」を主張するセシルは、この事件は強盗間でおこった仲間割れによる殺害事件と主張する検察と公判で衝突する。
セシルは、彼の無実を証明するため証拠探しを始める。

レビュー
ぶっちゃけ視聴するテンションが上がらずに気がついたら最終回まで録画されてる!
新番組も始まるし、溜まった作品の一気視聴をしなきゃ。
ちなみにモチベが上がらなかった理由は梅津キャラがあまり好きじゃないから。
これも弁護士の話じゃなかったら1話で切ってたけど、どうなることやら。

逆転裁判みたいに自分の足で証拠を集める!
とかじゃないんだ。
まあ、ある意味足で集めてるけどさ。
銀行強盗を捕まえてって思考が斜め上に三段飛ばしで進んでったわ。
当たり前だけど簡単に銀行強盗が捕まるくらいなら警察もいらないよな。

セシルの服は母親に買ってもらったやつとかなんか意味あるのか?
誰もが止めてもごり押しなんだけど。

おかしい、弁護士アニメだと思ってみてたらロボットアニメだったでござる。
え?こういう作品なの?
確かに1話目でもそういう気配はあったけど、世界観を手っ取り早い見せ場だと思ってたわ。
しかも何年前だよってくらい浮いたCG。
もうちょっと何とかできなかったのか?

( ゚Д゚)ポカーン
何この裁判。
ろくに弁護もないうちに判決って(;´Д`)
法廷シーンは期待するなってやつか。
個人的に期待してるところが重要じゃないって。
さっさと2話まで見て切っておけばよかったよ。
容量の無駄なのでさっさと削除だな。

では、(>□<)/~~~~~~~~~~ サヨーナラァ~~~

迷走中の感想日記TOPへ



余談、当たり外れのふり幅が大きかったけど、スペース☆ダンディの方が面白かった。
あっちを書けばよかったよ。
最初に録画ミスをしなければ・゚・(つД`)・゚・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック