キングダム2 第38話 「謀略の舞台」

あらすじ
かつて反乱を起こし幽閉されていた成きょう(せいきょう)と対面した政(せい)は、成きょうとその一派を解放する代わりに呂(りょ)陣営の勢力に対抗するための協力を要求する。
一方飛信隊(ひしんたい)は、東の前線基地・東金(とうきん)へと向かう途中、韓軍に攻め込まれていた(じょ)という国を救出する。
それにより、当初の行軍予定とは別の道を進む事となるのだが、その最中、数千の兵を率いた李牧(りぼく)と遭遇する。

レビュー
セイキョウから申し出があったのか。
打倒呂不韋に協力する代わり、セイキョウ一派を自由にしろ。
確かに協力者は必要だけど、開放は開放で危険な気がするんだけど。
このまま呂不韋を腐落ちしておくよりも、セイキョウと協力してさっさと打倒したほうがいいと判断したんだろう。

政よりも呂不韋の方が気に入らない。
相変わらず口が減らないというか、生意気というか。
自分が王にならなきゃなんでも気に入らないんだろうな。

7日で呂不韋を越える勢力。
7日で決着をつけるつけるの?
左右の丞相が空いている。
そこに呂不韋の部下ではなく、政の部下を入れるつもりか。
そのためにかけれる時間は7日間。

びっくりするくらいあっさり倒されたんだけど(;´Д`)
あのおっさん、強いんじゃなかったの?
それよりも信が強くなったんだろうけど、余りにも早々に倒されすぎてあのおっさんが弱いようにしか見えなかった。

魏、趙、楚のごく一部しかしらない国。
三国の情報を横流しすることで守られてるってのは、それぞれの国は知ってるのか?
それでも重要な情報がもらえるのなら守る価値はあるのか。

李牧たちと遭遇。
徐国に用があると思っていいのか?
楚攻略のために情報を集めに来たと思っていいんだろうな。
これから大きな戦が始まりそう。

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック