鬼灯の冷徹 第11話 「一寸だった法師」「お山の泥沼姉妹」

あらすじ
第11話Aパート「一寸だった法師」
閻魔殿には図書館もある。
倒錯系本棚の前で本を読む鬼灯の元に、「一寸法師」の絵本を口にくわえたシロがやってくる。
図書館にあった「桃太郎」のお供の犬がアフガンハウンドだったとひとしきり不満を語るシロ、
今度は「一寸法師」に書かれた漢字の読み方をきいてくる。
漢字に四苦八苦しながら、子犬たちに絵本を読んでやるシロを見た鬼灯、代わりに読んでやることにしたのだが…
ところで一寸法師は今どこに?

第11話Bパート「お山の泥沼姉妹」
醜女はよし!美人が山入ったら大木倒してマジ殺す!!! と山神のイワ姫は今日も不機嫌。
ところかわって閻魔殿の食堂では、TV特集の「容姿が原因で起こる女の諍い」を話題に鬼灯とお香が食事をとる横で、木霊が深い深い溜息をついていた。
現世の山に住むはずの木霊が地獄に来た理由は二つ。
一つは花粉症。もう一つは、山神ファミリーツートップであるイワ姫とサクヤ姫の不仲にあると言うのだが?

レビュー
桃太郎に続いて一寸法師も出てくるのか。
と思ったら、絵本か。

アフガンハウンドwww
どんな絵本だよ。
シロからしたら自分のポジションが取られて面白くないんだろうな。

朗読どころか紙芝居。
準備してたんだ。
鬼灯ってこういうところはマメだよな。

一寸法師、でかくなったらただの人か。
しかしなんで一寸法師が地獄に居るんだ?
特に罪を犯したわけじゃないけど手伝いのため?

罪を償うために地獄に居るのか。
改めて一寸法師の話を説明されると確かに酷いことをしてる。
地獄に落ちてもしょうがないわ。
普通に見てもクズな行動だよな。

なんか桃太郎と仲良くなったな。
同じ主人公としての境遇を共感しちゃった?
寂しい共感すぎる。

何?
このおばはん。
美人が山に入ったら木をなぎ倒す。
醜目とイケメンはOKって、美人に嫉妬してるのかよ。

イワ姫とサクヤ姫。
姉妹って言われたら嘘だ!っていうレベル。
Bパートの冒頭で美人に嫉妬してたのはこいつか。
同じところに嫁いだら返品くらった。
顔以外にも問題があったんじゃね?
それ以来美人が美人が嫌いになった。
分かりやすい。

顔が醜いとかそんなんよりも、性格が醜いわ。
ブスよりも性格ブスの方が最悪なんだけど。

その性格が鬼灯は気に入ったんだ。
屈折したほうが調教しがいがある。
恋愛感情が全くなく、仕事としてしか見てないのね。

片や外見美人で性格もよし。
片や外見ブスで性格歪んでる。
イワ姫は美人に嫉妬するよりももっと努力するところがあるだろ。
努力もしないのに文句を言うな。

脳みその味噌汁(;´Д`)
それを笑顔で飲める人か。
結構ハードルが高いけど、慣れればなんとかなる?

迷走中の感想日記TOPへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック