マギ The kingdom of magic 第21話 「王の器」

あらすじ
かつてモガメットは、全ての人間を守るという理想を抱いていた。
しかし今、戦争で傷を負った魔導士たちと、魔導士にすがるしかない非魔導士の国民たちを目の当たりにし、自分が守りたいものは魔導士だけだと胸に誓う。
そしてモガメットは黒いジンを操るため、自ら堕転することを決意する。
モガメットの精製した黒いジンは、マグノシュタットを目指す紅覇率いる煌帝国軍へと向かう!

レビュー
せっかくレームが手を引くってことになったのに、モガメットはレームも煌帝国も一緒に壊滅しそうな勢いだな。
やっぱりゴイと自分達は違うって認識が変わらないのね。

ゴイのマゴイを吸い取って、魔導士に頼る生き方しかさせてない状態で、いざ頼られたらゴイは助ける気はない。
これ、クーデターが起きるんじゃね?
マゴイと引き換えの生活なら、確かに緊急時にゴイを助ける義務がある。
まあ、一方的な搾取だったといえばそれまでだけど。

助けたかったのは全ての人間。
けどいつの頃からか魔導士以外は助ける気はなくなってた。
いつからそう考えるようになったのかすでに自覚はないんだろうな。

結局黒いルフに頼るのか。
どういう代物か分かってて手を出す。
レームの侵攻も危険だけどモガメットを何とかしないと世界が終わりそうだ(;´Д`)

紅覇もマグノシュタットに向かってるのか。
一族総出か?

紅炎は誰もが認める王の器で、つまはじきにあって紅覇に拾われた人からすれば紅覇こそが王の器。
人によって正義が違うのと同じように王と慕う人が違っててもしょうがないな。
違うよさもあるんだし。

ようやくアリババの活躍の場が出てきたと思ったら、あっさりと紅炎に持ってかれた(;^ω^)
なんて残念な主人公。
極大魔法の魔方陣が出たままだけど、あれってそのうち消滅するの?


全身魔装が出てくるとどんどん作画がやばくなってくるな。
残り話数もあと少し。
なんとか持ちこたえて欲しい所。

迷走中の感想日記TOPへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック