マギ The kingdom of magic 第18話 「レームの脅威」

あらすじ
ついにレーム帝国とマグノシュタットによる戦争が始まった。
魔導士たちの強大な魔法によりレーム軍の進行を阻むマグノシュタットに対し、レームは化学の力による火薬兵器で結界を攻撃する。
それぞれが理想とする国のあり方を掲げ、衝突するシェヘラザードとモガメット。
そんな中アラジンは、モガメットの『力』を止めるべく前線へと急いでいた。

レビュー
思想戦争が始まった。
レームはティトスを人質に取ったという建前で侵略。
実際ティトスはシェヘラザードの肉と骨で作られたから自分のものと主張してもおかしくないんだよな。
問題はティトスという別の人格があること。
体はシェヘラザードのものでも意思はティトスのものになってるから難しいところ。

レームは個別で戦闘に対してマグノシュタットは対多人数の戦闘。
レームの兵士がどれだけいるか知らないけど、消耗戦になったらレームのほうがまずいんじゃね?

マグノシュタットの魔法に対抗するのは科学。
あえて魔法や金属器に頼らないのは、アラジンが時折見る違う世界の崩壊を教訓にしてるからとかかな?
シェヘラザードもマギなら崩壊した世界のことを知っていてもおかしくないからな。

魔法に依存して自分が進むということをやめた国と、自らを鍛え研究することをした国。
元々の国としてのあり方が違うからどちらが間違った国というのはない。
ただ魔法に頼りすぎてて自分に自身がないってのは、戦争が苛烈になってきたときに悪いほうに出そう。
間違いなく最初に逃げ出すだろうな。

随分とでっかい兵器が出てきた(;´Д`)
なぎ払えって、防衛するつもりじゃないだろ。
いつかゴイの国を侵略するために作ったとしか思えない殲滅兵器じゃないか。

ファナリス兵が強すぎる件www
あのでかぶつ以外だったら片付けられそうだな。
これが人類のって、元々ファナリスは体が丈夫な戦闘種族じゃないですか。
まあ、生まれつき魔法を使える魔導士と同じようなものといえば同じだけどさ。

レームとの戦争が始まってから、この戦いを止める!ってちょっと遅くない?
巻き込まれ怪我だけで済めばいいけど。

迷走中の感想日記TOPへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック