マギ The kingdom of magic 第17話 「宣戦布告」

あらすじ
ティトスはモガメットに対して、自分はシェヘラザードの魔法により作られた分身であること、そしてその命があと一月ほどで尽きることを明かす。
悲しみのあまりティトスのルフが濁りそうになったその瞬間、気を失ったティトスの意識はシェヘラザードと同調する。
シェヘラザードはティトスを介し、レーム帝国の属州になるようモガメットに語りかけるが、モガメットはその要求をはねのける。
そして翌朝、全魔導士たちを集めたモガメットはレーム帝国との開戦を宣言する―――!

レビュー
ティトス、ホムンクルスみたいなものか。
ああいうのって一気に成長させるから短命って設定がよくあるよな。
肉と骨のひとかけらに魔法をかけて作ったって、どこの骨を使ったんだよ。
指とかか?
そしてその代償が残り1月の命。

ティトス=シェヘラザードでありながらティトスに自我を持たせたのが失敗だったな。
自我を持ったことで死ぬのが怖くなりモガメットに泣きついた。
シェヘラザードの意識を乗せて動かすことは出来なかったのかな?

イスナーンと手を結んで黒い金属器を開発。
イスナーンがゴイに力を貸したことが気に食わなくて手を切った。
海賊たちに粗悪品を売って資金を得てる。
やっぱり魔導士以外はどうでもいいんだな。
魔導士を思う気持ちに嘘偽りはなくても、それ以外に対する思考が極端すぎる。
ゴイの居ない国を作ればそれで解決するのに、魔導士の国にするためにはゴイを道具にして国を作るしかない。
この国自体が間違った存在なんじゃね?

レームの迷宮攻略者。
ムー以外はなんかこうモブ臭がするんだけど。
実際強いのかね?

ティトスはシェヘラザードと決別。
完全にマグノシュタットに付いたって言っていいのかな?
通信機が壊されたからマグノシュタットにつくわって簡単には行かないような気がするけど。
まあ、だからこそアラジンの言葉に揺れてるんだろうな。

なんかこうモガメットが全くぶれない。
こうなるとどうあってもレームとの戦争は避けられない。
最終的には煌帝国とも戦争をする気満々だな。

アリババが普通にレーム帝国の船に乗ってるwww
アラジン、元気かな?
とか言ってるけど、この後戦争になるなんて思いもしないんだろうな。

迷走中の感想日記TOPへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック