マギ The kingdom of magic 第14話 「隠された民」

あらすじ
けがをしたアラジンを見舞い、病室を訪れたティトス。
実はティトスは、レーム帝国のマギ・シェヘラザードの密命を受けマグノシュタットにやってきたのだった。
自身の使命を告白したティトスに、アラジンもマギであることを明かし、助け合っていこうと呼びかけるが、ティトスは答えずに部屋を去る。

翌日、スフィントスと共にマグノシュタットの街を見物に行こうとするアラジンの前にティトスが現れ、これまでと一転して友好的な態度をとる。
そして3人は魔法道具に満ちた街を満喫する。
しかしアラジンは幸福に暮らす人々を目の当たりにしながら、立ち入ることの許されない“5等許可区”の存在が気にかかっていた…。

レビュー
ティトスがあっさりシェヘラザード側のスパイって暴露しちゃった。
これってそれほど需要じゃないことなの?

今回から新OP。
悪くもないけど前の方が好きだったかも。
しかし見事に白龍がアリババサイドにいないなwww
最後もティトスとスフィントスと一緒だったし。
同じ道を歩むことは二度とないってことか?

ティトスの両腕につけてる石。
片方は通信用で片方は封印用。
特別魔力が多いってわけではないのね。

アラジンがどこにも所属してないマギって知っただけでティトスが心を開いてる。
なんてチョロイ。
スパイとして大丈夫か?

マグノシュタットの国民になれて初めて町に行けるのか。
今までは学校以外のところには行けないけど、それで不自由しないくらい設備が揃ってる。
ずっと1学年でもいい気がしてきた。
それともあんまり長いこと1学年だと追い出されるのかな?

マグノシュタットの裏側。
表立って奴隷はいないけど、魔法が使えない、税金も払うことができない人間は奴隷どころか物扱い。
まあ税金を払わなかったほうが悪いんだけどさ。
ゴイの時点で碌な仕事に就けないんじゃね?
5等の住人が国民の三分の二もいる時点で税率もかなり厳しいのも察することができる。
国のトップが魔法を使えるものと使えないものを区別し、使えないものをゴミとか物としか見てない時点で改善するのは難しいな。

最後のマルガを助けようとするティトスがアリババに見えた。
疲れてるのかな(;´Д`)

迷走中の感想日記TOPへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック