黒子のバスケ 第22.5Q 「Tip off」

レビュー
22.5Qってなんじゃらほい?
と思ったら、DVD8巻に付いてた話らしい。
中学時代の黄瀬がメインの話っぽい。
この頃の青峰はまだ楽しそうにバスケをやってるな。
他はよく分からないのと、こんなもんかな?って感じか?

皆で黄瀬の歓迎とか、仲がいいとも言えるだろ。
青峰が楽しそうにバスケをしてるシーンとか見てると、この後試合をするたびに相手選手がやる気をなくしていくという経験が待ってるのか。
で、だんだん楽しくなくなっていく。
こうなるとバスケが好きだとしてもモチベを保つのが難しくなるよな。
才能があるのも不幸だな。

バイクに乗った引ったくりにまいうー棒を箱ごと投げてヒットとか。
普通にシュートを決めるよりもすごいんだけど。
というか、普通に考えてもありえない。
ゴールが動いてるんだろ。
無理ゲーだろ。

黄瀬が黒子に興味を示した。
まあ、あんまり上手じゃないのにレギュラーだからな。
6軍まであるような選手層が厚い学校みたいだし、何でレギュラー?って思うのはしょうがないか。

黒子の真価は試合中に分かる。
黒子ってあくまでサポート。
シュートもドリブルも平均以下というスペック。
逆に黒子と試合をやってみないと分からない。
難儀な特技だな。

試合をしたことであっさりと黒子のすごさを理解できた。
こうやって他の選手にも認められてきたんだろうな。


迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック