恋物語 第恋話 「ひたぎエンド 其ノ貳」

あらすじ
ひたぎの依頼を受けることにした貝木は、暦たちの住む町を訪ね、今回騙す相手である、今や北白蛇神社の神となった女子中学生・千石撫子のことを調べ始める。

レビュー
色々悩んでたけど、結局受けるのかwww
しかも10万で。
結局やるための理由付けを探してただけなんだよな。
面倒な人だ。

髪の毛を下ろしたら普通のおっさんwww
おまえ、誰だよ。
そして、貝木がひたぎの任務を遂行してるとき、ひたぎはアララギ家に。
もう家族ぐるみのつきあいなんだな。

貝木の撫子への評価がなかなか辛らつだな。
そしてその家族に対しても低い評価。
伊達に詐欺師をやってるわけじゃないから、観察眼はあるだろうし。

ひたぎには確実に嫌いな子。
確かに、性格が合いそうにないんだよな。
付き合いといっても暦の妹繋がりで、暦を好きな子でしかないし。
恋のライバルといってもすでにひたぎと暦は恋人同士。
撫子は直接会ってライバル宣言してなかったことを今更知ったわ。
月火が言ったように、本当に安全な片思いの相手だったってことか。

撫子、暇してたのね。
誰もお参りに来てくれない。
暦もお参りに来てないとか(;´Д`)

好きな人を殺すのが嬉しい。
神様になる前からおかしかったけど、今もおかしいままか。
精神的におかしいんだけど、それにすら気づいてない。

貝木の中で翼は会ったことがないけど度々出てくるなんかすごい子。
暦は変態に確定www

お賽銭してお参りをしたら気に入られた。
そして、髪が蛇で不気味って言ったらさらに嬉しがってる。
貝木がどんどん泥沼にはまってる気がする。
まあ貝木は暦と違うから撫子ワールドにはまって依頼失敗にはならないとは思うけど。

迷走中の感想日記TOPへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック