キングダム2 第29話 「一瞬」

あらすじ
蒙ごう (もうごう)のしいた布陣をかわし、頂上へ向かって駆け上がって来る廉頗(れんぱ)。もはや廉頗の突入は時間の問題であった。一方中央では、輪虎(りんこ)が前日の左腕の負傷にもかかわらず、信(しん)の足に深手を負わせていた。だが、信は傷の深さにも関わらず驚異的な精神力で立ち上がるのだ。戦いは激しさを増し、周りの者は手が出せず一騎打ちの様相を呈してくる。そんな二人の間に割って入ろうとする者がいた。

レビュー
足を怪我して輪虎有利かと思ったら、馬から引きずり落とすとか。
やることが豪快すぎるwww
地上戦での一騎打ち。
やっぱり信が勝てる見込みが薄いんだけどな。

廉頗がモウゴウの罠を力技でねじ伏せてきた?
モウゴウの作戦を読んでその裏をかいてきたのか。
対廉頗のために練った策が読まれてるって、状況的にかなりヤバイ。
こうなるとモウゴウと廉頗の一騎打ちは避けられないんじゃね?

大将の一騎打ちが先か、信、輪虎との決着が先か。
これで今回の戦の明暗が分かれそう。

輪虎兵が一騎打ちの邪魔をしに入ったら、楚水が止めた。
なんかこの戦で楚水がようやく活躍したように見える。

輪虎の意識が楚水に行ったチャンスに攻撃。
信は一騎打ちにこだわってはないのね。
それにしても、楚水は大丈夫かな?

手ごたえがあったのにまだ立ち上がるとか。
こうなると気力だけが頼りになってるんじゃね?
伊達に六大将軍とやりあったことがあるわけじゃない精神の持ち主。
ここで止めを刺しておかないと輪虎を倒すチャンスはもうないかもしれないな。

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック