キングダム2 第25話 「裏の裏」

あらすじ
王翦(おうせん)将軍の命により五千の兵を率いる将となった壁(へき)は、廉頗(れんぱ)四天王の一人・姜燕(きょうえん)の迎撃に向かう。敵を討つのに絶好の地形に敵軍を追い込んだ壁。圧倒的有利な状況で姜燕を討ち取ろうとする。しかし新たな敵軍の出現によって逆に窮地に追い込まれてしまう。これまでの優位はわなだったのだ。そんな中、突如現れたのは、壁に燕姜の迎撃を命じたはずの王翦(おうせん)その人であった。

レビュー
利用しやすい地形に5千の兵。
これで勝てる要素がぐっとあがってるのに、指揮をしてるのが壁というだけでなんか不安なんだけど(;´Д`)
大丈夫かな?

王翦からすれば壁はおとりの捨て駒とか。
最初から期待してなかったのかよ!

姜燕の方が上手だったwww
どうせそんなことだろうと思ってたよ。
壁って最初の頃から出てきてるんだけど活躍がないんだよな。
今回くらいは活躍するかと思ったら、このありさまだよ。
この流れを読んでいた王翦がいいとこどり。
利用するだけ利用されたって感じだな。

王翦が兵を準備してたことで全て察したか。
壁って戦での活躍は期待できないけど、頭の回転が悪いわけじゃないんだよな。
軍師にでもなればよかったけど、李牧に比べると劣るし。
使い勝手が悪い人だよな。

王翦は手ごまがほしいのか。
でも姜燕は廉頗を信頼してるし、無理なんじゃね?
何か決定打があればいいけど。

王翦の読みよりも廉頗の方がさらに上だった。
これ、どれだけ先読みできるかが勝敗が決まりそうだな。
それに対抗できるのって李牧くらいか?

廉頗が出てきたことで空気が一変。
これが大将軍の器ってやつか。
そういえば王騎のときも出てきただけで秦国の士気が上がりまくってたからな。
兵に信頼される将軍。
それが大将軍の証ともいえるな。

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック